≪韓国ドラマNOW≫「愛の不時着」16話

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「愛の不時着」16話
≪韓国ドラマNOW≫「愛の不時着」16話

ドラマ「愛の不時着」より(提供:news1)

 ※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。


 16日に放送されたtvNドラマ「愛の不時着」16話では、ジョンヒョク(ヒョンビン)と別れてから手術の後遺症で敗血症だと診断されたセリ(ソン・イェジン)の様子が描かれた。

 セリが意識を取り戻す間、南北は関係者を非公開送還することに合意した。

 意識を取り戻したセリは、ジョンヒョクが北に送還されると聞いて驚いた。だがジョンヒョクが冷たく背を向けた最後を思い出し、最後のあいさつを断った。セリは「最後のあいさつはすでに何回もした。あの人ばかりがつらいだけだ。私が病気だと知らせたくない」と言った。しかしセリの母親ジョンヨン(パン・ウンジン)は「知らないと思っているの?あの人ずっとあなたのそばにいたんだよ」と言った。セリは「すごく会いたい。連れて行って」と泣いた。

 セリは送還される人たちが乗ったバスを追いかけた。北朝鮮に戻る南北出入口事務所の前に立った中隊員たちは特に感傷に浸った表情をしていた。彼らが北朝鮮軍に引き渡された時、セリが到着した。セリはジョンヒョクが手錠をかけられているのを見て驚き、「そうやって連れて行かれたら、私はどうするの」と大泣きした。しかしジョンヒョクは「来るな」と軍人たちを止めてセリに近づいて抱きしめた。突発的な状況のため、南北の軍人は銃を構えた。

 ジョンヒョクは「何もないだろうけど、もし何かあってもそれはあなたのせいじゃない。私は何も公開していないし、あなたが私の人生に贈り物のように来てくれてありがたいだけだ。以前、あなたにひどいことを言って私もつらかった。心にとどめないでほしい」と言った。セリも「何ともないから、これっぽっちも気にしないで。だけど私たちもう会えないの?」と泣いた。

 ジョンヒョクは「待ちに待っていれば、会いたい人に会えるのかと聞いたじゃないか。会える。愛してる」と言った。セリも「愛してる」と答えると、二人は分かれた。中隊員たちもセリに別れを告げ、セリも「みんな、気を付けて帰って」と泣きながらあいさつをした。
2020/02/17 10:03配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.