シン・ウォンホ(CROSS GENE)、ドラマ「平日午後3時の恋人」終了でイ・サンヨプに感謝

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
シン・ウォンホ(CROSS GENE)、ドラマ「平日午後3時の恋人」終了でイ・サンヨプに感謝
シン・ウォンホ(CROSS GENE)、ドラマ「平日午後3時の恋人」終了でイ・サンヨプに感謝

シン・ウォンホ(CROSS GENE)が24日に放送されたドラマ「平日午後3時の恋人」第16話で、一段と成熟した演技を披露し、ドラマ終了の感想を伝えた。(提供:OSEN)

 シン・ウォンホ(CROSS GENE)が24日に放送されたチャンネルAのドラマ「平日午後3時の恋人」第16話にて、青年になった姿で、一段と成熟した演技を披露し、物語のフィナーレを飾った。

 シン・ウォンホは劇中、反抗的な代案学校(オルタナティブスクール)の学生パク・ジミン役を演じ、大人たちの不倫を知っているキーマンで、放送終了まで視聴者の関心を高めるのに大きな役割を果たした。

 この日の放送では、パク・ジミンが3年経ってバリスタになり、学生時代に付き合っていたアジン(シン・スヨン)が、仕事先のカフェでまで訪ねて来て、監視するほど「イケメンバリスタ」になった姿が描かれた。

 特に、パク・ジミンは自分の先生であるユン・ジョンウ(イ・サンヨプ)と彼が働く樹木園を歩きながら、彼に「先生は、これまで幸せでしたか?」と質問。これに、ジョンウは「もちろん。幸せだったよ」と答えた。この会話を通じて、ジミンがこれ以上、彼を恨まず、理解していることを見せ、視聴者をほっこりさせた。

シン・ウォンホ(CROSS GENE)、ドラマ「平日午後3時の恋人」終了でイ・サンヨプに感謝

シン・ウォンホは放送終了の感想として、イ・サンヨプに感謝の気持ちを伝えた。(提供:OSEN)

 シン・ウォンホは放送終了の感想として「たくさん未熟な僕に、ジミンという役を任せてくださり、良い経験ができた」とし、「良い先輩たちのそばで、たくさんのことを学ぶことができた機会に感謝している」と伝えた。

 さらに「長い時間だったが、あまりにも短く感じられるほど、名残惜しく、楽しい現場だった。特に、すごく可愛がってくださり、面倒を見てくださった僕たちの先生、イ・サンヨプ先輩にとても感謝している」と名残惜しさを伝えた。

 「平日午後3時の恋人」で一段と成熟した演技力を見せたシン・ウォンホは毎週金曜に放送中のSBSドラマ「ヒップホップ王」にも出演中。優しい顔の裏側に隠されていた冷たく、冷血なキャラクターを熱演している。
2019/08/25 13:45配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.