「EXO」、「ステージK」で4カ国チャレンジャーたちのステージに感動

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
「EXO」、「ステージK」で4カ国チャレンジャーたちのステージに感動
「EXO」、「ステージK」で4カ国チャレンジャーたちのステージに感動

「EXO」のSUHO(スホ)、BAEK HYUN (ベクヒョン)、KAI(カイ)、CHEN(チェン)、SEHUN(セフン)がJTBC「ステージK」の収録に参加。4カ国のチャレンジーと会った。(提供:OSEN)

 JTBC「ステージK」の9組目のドリームスター「EXO」が情熱あふれるチャレンジャーのステージに、“自己反省”を繰り返した。

 「EXO」のSUHO(スホ)、BAEK HYUN (ベクヒョン)、KAI(カイ)、CHEN(チェン)、SEHUN(セフン)は最近行われたJTBC「ステージK」の収録に参加し、タイ、米国、日本、ベラルーシの4カ国のチャレンジーと会った。

 この日、「EXO」は「雰囲気を見る(SEHUN)」、「シンクロダンスよりスワッグ(KAI)」、「グループだからチームワークが重要(CHEN)」、「一番重要なのはエネルギー(BAEK HYUN)」と自分なりの審査基準を明かした。そんな中、リーダーのSUHOは「一番重要な基準は人柄」と特異な基準を提示し、笑いを誘ったが、「各自でいるより、一緒にいるときにシナジー効果を発揮するチームを選ぶ」と付け加えた。

 実際、チャレンジャーたちのステージが始まると、「EXO」メンバーたちは「うわぁ」、「おおー」を連発し、審査基準を忘れてしまったように楽しんだ。そして、チャレンジャーたちのステージを見て賛辞を超え、自己反省に入った。

 オリジナル振付を加えたチャレンジャーたちのステージを見たSUHOは「振付が変わり、僕たちのステージよりも華やかになった。僕たちが休もうと入れた部分なのに、全く休まず、よりアクロバティックになった」と驚いた。

 CHENも「チャレンジャーたちが、僕たちがステージで表現しようとしていたその雰囲気を出していた」と話し、BAEK HYUNは「僕たち、頑張らなければと思った」と真剣な表情を浮かべた。

 また、別のチャレンジャーチームが難易度の高い振付の曲を選ぶと、BAEK HYUNは「骨盤と体のバウンスがとても重要な曲で、休む区間が一つもない」とし、ステージが難しいだろうと予想した。ところが、ステージが終わるとCHENは「確実に余裕が感じられる」と息切れする姿が全くないチャレンジャーたちの姿に驚いた。

 ダンサーというより、“10代のファン”に近い複数のチャレンジャーたちが、ステージで激変した姿には、むしろ「EXO」の方がファンになる姿を見せた。「すごく可愛いのに、音楽が始まると激変し、自分の仕事をするときは輝く姿がすごい」と絶賛した。

 このように「EXO」をも驚かせたチャレンジャーたちだったが、彼らはあくまでも「EXO愛」で集まったファン。「EXO」の一挙手一投足に感動するチャレンジャーたちの姿に、SUHOは「僕たちもずっとステージに立ち続ける姿で応えていきたい。EXO to be continued」と言い、チャレンジャー全員を改めて熱狂させた。

 この模様は9日午後9時から放送される。
2019年6月9日10時10分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.