”性スキャンダル”キム・ギドク監督、離婚訴訟中と報道… 「家族が受けた衝撃、大きかった」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
”性スキャンダル”キム・ギドク監督、離婚訴訟中と報道… 「家族が受けた衝撃、大きかった」
”性スキャンダル”キム・ギドク監督、離婚訴訟中と報道… 「家族が受けた衝撃、大きかった」

”性スキャンダル”キム・ギドク監督、離婚訴訟中と報道… 「家族が受けた衝撃、大きかった」

 性スキャンダルの主人公となってしまった韓国映画界の巨匠、キム・ギドク監督(57)が離婚訴訟の手続きを進めていることがわかった。

 キム・ギドク監督は、先ごろ発覚した性スキャンダルが原因で、離婚訴訟を進行しているという。

 キム・ギドク監督は浮上した性スキャンダルで、すべての活動を中断した。映画「メビウス」の撮影中、演技指導を理由に女優Aさんの頬を殴るなど暴力を加え、ベッドシーンを強要した容疑で訴えられた。また、文化・芸能界に巻き起こった「Me Too運動」では、性暴力に加担した”加害者”として名指しされた。

 特に、去る3月には番組「PD手帳」が「映画監督キム・ギドク監督、巨匠の本性」として、キム・ギドク監督の性暴力と関連した事件を生々しく明かし、より波紋を広げることとなった。

 これら事件を受け、キム・ギドク監督の家族は大きなショックを受け、結局、夫人と離婚訴訟を進めることになったと伝えられている。

 一方、キム・ギドク監督は「PD手帳」の制作陣と番組に出演しインタビューに応えた女優らを相手に誣告罪、出版物による名誉棄損などの容疑で告訴した。キム・ギドク監督は、「PD手帳」の放送内容は「すべて虚偽」と反発している。

 告訴状を通してキム・ギドク監督は「自身は大衆に対し、恥ずかしいことは何もしていないと言うことはできないが、『PD手帳』の内容にあった性暴行犯ではなく、悪意ある虚偽事実に沿った『PD手帳』の放送内容によって、放送後、大きな被害を受けている」と訴えた。

2018年6月11日15時15分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.