中山美穂がキム・ジェウクに思わずうっとり…映画「蝶の眠り」予告編解禁

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
中山美穂がキム・ジェウクに思わずうっとり…映画「蝶の眠り」予告編解禁
中山美穂がキム・ジェウクに思わずうっとり…映画「蝶の眠り」予告編解禁(オフィシャル)

中山美穂がキム・ジェウクに思わずうっとり…映画「蝶の眠り」予告編解禁(オフィシャル)

10月に行われた釜山国際映画祭でも大きな話題となった「蝶の眠り」が5月12日(土)より、角川シネマ新宿ほか全国公開となる。

 遺伝性アルツハイマーを患う主人公の女流作家役には、実に5年ぶりの映画主演作となる中山美穂。自身の年齢より年上の女性小説家の役を見事にこなし、ラストシーンの無垢で透き通るような表情は見る者の心を揺さぶる。韓国人留学生役には「コーヒープリンス1号店」のキム・ジェウク。幼少期に日本で生活していた経験を持ち、本作でも完璧な日本語での演技を披露している。メガホンをとったのは、「子猫をお願い」で鮮烈な長編映画デビューを果たした韓国屈指の女性監督、チョン・ジェウン。本作では作家を主役に配し、彼女の住む家や書斎へのこだわり、日本文学をリスペクトした劇中劇など、斬新な表現方法で監督ならではの才能とセンスを印象付けている。また、初の劇映画音楽に取り組んだ新垣隆の叙情的な音楽、きめ細かく臨場感あふれる撮影が作品を一層儚く美しい“愛の記憶の物語”へと昇華させている。

 この度完成した予告編では、ひょんなことから出会い、次第に惹かれあう涼子とチャネの歳の離れた2人の姿が美しい映像とともに描き出される。記憶が薄れゆく恐怖に怯えながらも、涼子が大切な人のために残そうとしたものとは一体何なのか―?チョン・ジェウン監督が手掛ける、きめ細やかな映像と文学的なストーリーテリングはもちろん、ハツラツとした笑顔からアルツハイマーの症状に戸惑う不安な表情まで180度違う表情を見せる中山の演技力や、全編日本語での演技に挑戦したキム・ジェウクの涼子へ向けた胸キュン台詞もみどころとなっている。エンディング・テーマ曲「朝焼けの中で」を唄うのは、現代ジャズを経過したポップスユニット“showmore”のヴォーカルでも活躍する根津まなみ。力強い歌声と繊細な歌詞が、物語を一層美しく映し出している。

2018/02/21 13:09配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 最終更新:2018/04/13 17:07

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.