【全文】“学位不正取得問題”にチョ・グォン(2AM)側、学位取り消しなら謙虚に受け止める

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【全文】“学位不正取得問題”にチョ・グォン(2AM)側、学位取り消しなら謙虚に受け止める
【全文】“学位不正取得問題”にチョ・グォン(2AM)側、学位取り消しなら謙虚に受け止める

大学院卒業問題で騒動になった韓国歌手チョ・グォン(2AM)側が、公式コメントを発表した。(提供:OSEN)

 大学院卒業問題で騒動になった韓国歌手チョ・グォン(2AM)側が、公式コメントを発表した。

 2015年にチョ・グォンは、慶熙(キョンヒ)大学PostModern音楽学科を卒業。同年3月に慶熙大学アート・ヒュージョンデザイン大学院のパフォーミングアート学科に入学し、2017年8月16日に慶熙大学の大学院で修士学位課程を履修した。

 しかし今月6日に放送されたSBS「ニュース8」で、有名アイドルグループのメンバーB氏が路上公演形式で楽曲を歌う映像で、昨年、慶熙大大学院で実用音楽修士学位を取得したと報じた。その過程においてB氏がチョ・グォンであるかのようなモザイク写真が公開されていた。これに関して所属事務所のCUBEエンターテインメント側は7日、事情を説明した。


 以下、CUBEエンターテインメントの公式コメント全文。


こんにちは。CUBEエンターテインメントです。
まずはチョ・グォンの件でご迷惑をおかけして申し訳ありません。

チョ・グォンは、2015年に慶熙大学PostModern音楽学科を卒業してから、同年3月に慶熙大学アート・ヒュージョンデザイン大学院のパフォーミングアート学科に入学し、2017年8月16日に慶熙大学の大学院で修士学位課程を履修しました。

チョ・グォンは本件が問題になるまで、学校側の案内に従って“無論文学位”(卒業公演)の審査手続きを通じて学位を取得したと思っていました。

疑惑が定義された卒業公演の細かい規定について、慶熙大学アート・ヒュージョンデザイン大学院の指導教授側に確認した結果、「卒業公演に対する細かい規定はない。チョ・グォンの場合、特殊大学院のため、科目履修や公演でも学位履修が可能で、公演によって代替した。報道されたような卒業公演の細かい規定に対する内容を我々教授も何も知らない。無論文学位の申請発表時、教授陣の前でこのような内容の公演をすると発表し、結果報告書を提出して卒業した。規定に外れるようなことはない」という回答をもらいました。

今月6日にSBSで報じられた内容のパンフレットやポスターは、チョ・グォンが行政部署に提出した卒業公演の確認書類(パンフレット、ポスター)として、チョ・グォンは無論文学位審査の時、公演は5月6日の予定だったが、日程上やむを得ず公演ができなかったことを明らかにすると、審査した教授陣は後からでも映像を提出するように言いました。

無論文学位の審査で後から公演映像を提出するよう指示されたことを実行しなかったことは、チョ・グォン本人の手落ちです。

当時、審査で卒業が決定していた状況のため、映像提出について大きく考えなかったようです。これにより学位が取り消されるのなら、謙虚に受け止めます。

そして報道された映像は、2月2日に助教授側から連絡が来て、SBSで取材中だと伝えられ、後から提出した映像を学校側では保有していないか問題になる可能性があるので、映像を新たに撮って提出するよう助教授の立ち合いの下、慶熙大学・平和野外劇場で新たに撮影して提出した映像です。

今回の騒動によって傷ついた方々に深くお詫び申し上げます。
2018/02/07 23:16配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.