元「SISTAR」ソユX「EXID」ハニ、ガールズグループの別れを語る「解散が関係の終わりではない」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
元「SISTAR」ソユX「EXID」ハニ、ガールズグループの別れを語る「解散が関係の終わりではない」
元「SISTAR」ソユX「EXID」ハニ、ガールズグループの別れを語る「解散が関係の終わりではない」

元「SISTAR」ソユX「EXID」ハニ、ガールズグループの別れを語る「解散が関係の終わりではない」(提供:OSEN)

 韓国ガールズグループ「SISTAR」出身ソユと「EXID」ハニが18日に放送されたJTBC2「ソユ X ハニのBeauty View」でガールズグループの別れについて語り、2人の率直な本音が伝えられた。

 ガールズグループのメンバーとして活発に活動していたソユとハニは誰よりも互いの話を理解し深く共感できた。「SISTAR」のメンバーからソロ歌手へと独り立ちしたソユ、そして「EXID」のメンバーとして現在も活発に活動しているハニは昨年を振り返り、「SISTAR」解散の話をすることになった。

 ソユは2017年、最も記憶に残る出来事として「SISTAR」の最後の放送を挙げた。ソユは「2017年、SISTARの最後の放送が一番記憶に残っている。ファンに申し訳ない気持ちもあるが、本当に美しい別れだったと思う。美しく別れたと考えるのはおかしな話かもしれないが、互いの未来を笑顔で応援できるというのがうれしい」と”美しい別れ”を選んだ「SISTAR」メンバーの話を伝えた。

 ソユの話を聞いたハニは「お姉さんのソロステージを見ながら1人なのが悲しくもあったけど、そんな姿がかっこよかった。たくさんのガールズグループのワナビーだ。多くのガールズグループのワナビー別れ」と互いを応援しながらそれぞれの道を選択するガールズグループの“ワナビー別れ”について言及した。

 歌謡界では”7年目のジンクス”という言葉が存在する。大部分の所属事務所の標準契約期間の7年が過ぎると、ほとんどのアイドルグループが危機を越えられず、解散の道を選ぶためだ。「SISTAR」も別れを選択したが、その過程と結果は最も美しかった。メンバーらは最後のグッバイステージで、最後までファンへ美しい思い出をプレゼントした。

 ソユは「拍手するときに去ることも勇気だと言っていた」と話し、ハニは「解散が関係の終わりではない」と強調した。ソユとハニの言葉通り、解散がすべての終わりではなく、別れがガールズグループの終着点ではない。一番輝く場所で、互いの選択を尊重しながら互いの道を応援して激励し、良いエネルギーを与え合う関係。ソユとハニ、そして多くのガールズグループが選択したし、選択しなければならない“ワナビー別れ”だ。
2018年1月19日11時36分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.