故ジョンヒョン(SHINee)、期待していると語っていた“28歳の姿”はもう見られない

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
故ジョンヒョン(SHINee)、期待していると語っていた“28歳の姿”はもう見られない
2008年、新人だった故ジョンヒョン(SHINee)は、「僕は28歳の自分に期待しています」と言った。しかしその9年後、27歳という若さでこの世を去った。(提供:OSEN)

2008年、新人だった故ジョンヒョン(SHINee)は、「僕は28歳の自分に期待しています」と言った。しかしその9年後、27歳という若さでこの世を去った。(提供:OSEN)

2008年、新人だった故ジョンヒョン(SHINee)は、「僕は28歳の自分に期待しています」と言った。しかしその9年後、27歳という若さでこの世を去った。

 ジョンヒョンは当時、ある雑誌のインタビューで「あこがれる年齢はあるか」という質問に、「僕は28歳の自分に期待している」と答えたのだった。

 そしてジョンヒョンは「一人で誓っていることが一つある。10年後には必ず自分がやりたいことをする、かっこいいアーティストになろうと」と、しっかりとした抱負を明かした。

 その言葉通りジョンヒョンは、これまでかっこいいアーティストに成長した。「SHINee」のメインボーカル、そしてソロ歌手としてもたくさんの人気を得たのはもちろん、数々の自作曲を発表して優れた音楽性も認められた。さらに歌手イ・ハイやIU、「EXO」にも曲を提供した。

 しかしジョンヒョンは期待していた28歳の自分に会うことはできなくなった。また10年後に何をしたかったのかも我々は分からないままだ。

 それだけでなく、ジョンヒョンは「SHINee」のデビュー10周年も迎えられなくなった。「SHINee」は2018年2月に日本でのコンサート開催を予定していた。

 「SHINee」は過去にファンミーティングで、あるファンに「10周年に宇宙旅行はどうか?」と聞かれ、「OK」と叫んだことがあった。もちろん冗談交じりの質問と答えだが、一緒に幸せな10周年を夢見た。

 残念ながらジョンヒョンは、28歳もデビュー10周年も目前にしてこの世を去った。誰よりも「SHINee」として、アーティストとして、一生懸命に駆け抜けてきたジョンヒョン。27歳のジョンヒョンは永遠の別れを告げることになったが、大衆の心にはかっこいいアーティストとして長く残るはずだ。

2017/12/20 21:31配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.