「RAINZ」、“プロデュース101の同志”JBJについて「仲良くしている。善意のライバルだ」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
「RAINZ」、“プロデュース101の同志”JBJについて「仲良くしている。善意のライバルだ」
「RAINZ」、“プロデュース101の同志”JBJについて「仲良くしている。善意のライバルだ」
韓国アイドルグループ「RAINZ」が画報を通して魅力を発散した。(提供:OSEN)
 韓国アイドルグループ「RAINZ」が画報を通して魅力を発散した。

 去る12日、ミニアルバム「Sunshine」で“本格的花道”の一歩を踏み出した「RAINZ」が「ZENITH GLOBAL」画報を通して、隠されていた7人7色の魅力をアピールした。

 今回の画報は「スターの日常をのぞく」という主題のもと、気楽な雰囲気で趣味活動を楽しむ「COZY BOY」と童心の世界に入ったハツラツとした姿の「it’s RAINZ time」をコンセプトに進行された。

 画報撮影後におこなわれたインタビューでメンバーのチャン・デヒョンは「メンバーと共にデビューできてうれしい。初めてのことが多く、緊張しワクワクした気持ちだ」と心境を明かした。

 各自別の事務所から集まったメンバーだが、「RAINZ」はメンバー間のケミストリー(化学変化)を誇った。チャン・デヒョンは「メンバーとのトラブルは全くない。みんな、RAINZ結成前から親しく過ごしていた。互いに思いやりも強く、相性も良い」と述べた。

 デビューアルバム「Sunshine」にはタイトル曲「Juliette」を含め6トラックが収録された。アルバム準備に気を使った部分についてチュ・ウォンタクは「容姿にとても神経を使った。清涼なタイトル曲に合わせて爽やかなエネルギーを見せようと努力した。ダンスにも時間を多く費やした」としながら、「実力で認められるグループになりたい」と意気込みを語った。

 また、同じMnet「PRODUCE 101(プロデュース101)シーズン2」を通して結成された「JBJ」とは善意の競争を展開するという覚悟を明かした。チュ・ウォンタクは「RAINZとJBJは連絡も頻繁に取って仲良くしている。互いに成長していく善意のライバルになればいい。応援している」と伝えた。
2017年10月17日13時44分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

“覚せい剤陽性反応”パク・ユチョン(JYJ)の韓国ファン、激怒…事務所退所を要求する声明文発表 “覚せい剤陽性反応”ユチョン(JYJ)、令状審査に影響及ぼす可能性大 ユチョン(JYJ)、薬物検査で陽性反応…足の毛から薬物検出 「SUPER JUNIOR-D&E」、音楽番組で1位…シンドンと後輩JENO(NCT DREAM)がお祝い


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.