「防弾少年団」、10月ボーイズグループブランド評判1位…2位「Wanna One」、3位「EXO」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
「防弾少年団」、10月ボーイズグループブランド評判1位…2位「Wanna One」、3位「EXO」
「防弾少年団」、10月ボーイズグループブランド評判1位…2位「Wanna One」、3位「EXO」
ボーイズグループブランド評判2017年10月のビッグデータ分析結果、1位となった「防弾少年団」。(提供:OSEN)
 ボーイズグループブランド評判2017年10月のビッグデータ分析結果、1位は「防弾少年団」、2位は「Wanna One」、3位は「EXO」だった。

 韓国企業評判研究所は2017年9月13日から10月14日まで測定したボーイズグループブランドのビッグデータ72,462,236個を消費者行動分析を通じて、ボーイズグループのブランドに対する参与指数、メディア指数、疎通指数、コミュニティ指数を測定した。

 10月のボーイズグループのブランド評判トップ30は、「防弾少年団」「Wanna One」「EXO」「SechsKies」「BTOB」「B1A4」「SEVENTEEN」「JBJ」「INFINITE」「PENTAGON」「SHINee」「Highlight」「B.A.P」「GOT7」「WINNER」「Golden Child」「NCT」「VIXX」「NU’EST W」「BIGBANG」「東方神起」「MONSTA X」「SUPER JUNIOR」「RAINZ」「ASTRO」「MXM」「2PM」「BEAST」「SF9」「FTISLAND」の順だった。

 韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「ボーイズグループ2017年10月のブランド評判分析結果、『防弾少年団』ブランドが1位と分析された。『防弾少年団』は8月『EXO』、9月『Wanna One』に明け渡した1位の座を取り戻した。『防弾少年団』ブランドは、グローバルな話題や音源の人気で、消費者の参与を導き出し、高い参与指数を記録した。『Wanna One』ブランドは各メンバーの疎通量が高かったが、『防弾少年団』に続き2位となった」と分析した。

 続けて「リンク分析では『最高、ありがとう、待つ』が高く、キーワード分析では『ビルボード、1位、ジミン』が高かった。肯否定比率分析では肯定比率86.79%だった」と伝えた。
2017年10月15日10時57分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

イ・ジョンヒョン(CNBLUE)とヨン・ジュンヒョン(元Highlight)は処罰の対象でない。チェ・ジョンフン(元FTISLAND)は3~5年以下懲役可能性…「本格芸能真夜中」で弁護士の見解を報道 元「BIGBANG 」V.I、”真実を話しても信じてもらえない。海外遠征賭博と売春斡旋はしていない”と語る 「防弾少年団」所属事務所 Big Hit、3大エンタの営業利益を追い抜いた…BTS成功の効果大 俳優イ・ジョンソクの優雅な30代…柔らかい色彩を表現する

コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.