「Apink」、ガールズグループブランド評判1位…「MAMAMOO」が2位、「TWICE」は3位に

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
「Apink」、ガールズグループブランド評判1位…「MAMAMOO」が2位、「TWICE」は3位に
「Apink」、ガールズグループブランド評判1位…「MAMAMOO」が2位、「TWICE」は3位に
韓国ガールズグループブランド評判の7月ビックデータ分析結果、1位が「Apink」、2位は「MAMAMOO」、3位が「TWICE」となった。(提供:OSEN)
 韓国ガールズグループブランド評判の7月ビックデータ分析結果、1位が「Apink」、2位は「MAMAMOO」、3位が「TWICE」となった。


 韓国企業評判研究所は、ガールズグループブランド評判ビックデータ分析のため、2017年6月6日から7月7日までに測定したブランドビックデータを分析し、ガールズグループのブランドに対する参与指数、メディア指数、疎通指数、コミュニティ指数、評判指数を測定した。

 ブランド評判指数は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすことを見つけ出し、ブランドビックデータ分析を通じて作られた指標。ガールズグループブランド評判指数は、ガールズグループに対する肯定・否定の評価、メディア関心度、消費者の関心や疎通量を測定できる。

 7月のガールズグループブランド評判は1位が「Apink」、以下「MAMAMOO」、「TWICE」、「BLACKPINK」、「T-ARA」、「宇宙少女」、「NINE MUSES」、「STELLAR」、「AOA」、「Red Velvet」、「少女時代」、「APRIL」、「RAINBOW」、「LOVELYZ」、「WANNA.B」、「Girl‘s Day」、「MOMOLAND」、「GFRIEND」、「EXID」、「OH MY GIRL」の順になった。

 韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「ガールズグループ2017年7月ブランド評判の分析結果、『Apink』が1位だった。『TWICE』は海外進出したことでガールズグループブランドビックデータ量が減った中、『Apink』が新曲『FIVE』で消費者の関心を集めた。『MAMAMOO』と1位争いを繰り広げ、メディア指数が高い『Apink』がさらに高いブランド評判指数になった」と分析した。
2017年7月8日10時50分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

「AOA」ジミン、26日ソロカムバックを確定 【公式】「gugudan」ソイ、肩負傷の後遺症で今回の活動に参加せず 【公式】女優チェ・ジウ−ミンホ(SHINee)、新ドラマ「世界で最も美しい別れ」に出演確定 韓流フェス「BOF」まであと少し…10月22日〜31日まで釜山全域で開催


韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.