チャン・グンソク、「プロデュース」にも「キャンディー」にも続投しない理由

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
チャン・グンソク、「プロデュース」にも「キャンディー」にも続投しない理由
チャン・グンソク、「プロデュース」にも「キャンディー」にも続投しない理由
韓国俳優チャン・グンソクは昨年、地上波SBSのドラマ「テバク〜運命の瞬間〜」にてペク・テギル役で視聴者を虜にしたが、ケーブルテレビの方ではさらに“ホット”だった。(提供:OSEN)
 韓国俳優チャン・グンソクは昨年、地上波SBSのドラマ「テバク〜運命の瞬間〜」にてペク・テギル役で視聴者を虜にしたが、ケーブルテレビの方ではさらに“ホット”だった。

 上半期はMnetのオーディション番組「プロデュース101」の進行を務め、ガールズグループ「I.O.I」の誕生を一番近くで見守り、下半期は「私の耳にキャンディー」でさまざまな魅力を思う存分見せた。

 そんな彼が2017年には再び本業に集中する見込みだ。所属事務所の関係者によると、チャン・グンソクは、早くから男性版「プロデュース101」シーズン2のMCは引き受けないことを発表し、「私の耳にキャンディー」シーズン2にも出演しないことにしたという。俳優であるが故に、バラエティー番組よりは演技を見せたいという意志があるのだ。

 チャン・グンソクは1987年生まれで、ことし入隊対象である。まだ具体的な日程は決まっていないが、国から呼ばれる前に俳優としてファンから呼ばれそうだ。「テバク〜運命の瞬間〜」が昨年6月に放送終了しているのだ、もう半年にもなる。

 子役からスタートしたチャン・グンソクは、いつの間にか30代に突入したというほど、長い時間をファンと共に歩んできた。俳優はもちろん、アルバムを発売する歌手、映画を作る監督など多方面で活動し、様々な才能を発揮してきた。「プロデュース101」では慣れた進行ぶりも認められたが、入隊前にファンには俳優としての姿を残したいというのである。

 所属事務所の関係者は31日、「ドラマなどの復帰作を悩んでいる。バラエティー番組をたくさんする方ではないので、入隊前まで演技に集中しようと思っている」と説明した。


2017年1月31日19時10分配信 (C)WoW!Korea

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。

この記事が気に入ったら

≪ドラマNOW≫「カノジョは嘘を愛しすぎてる」4話 ≪ドラマNOW≫「耳打ち」2話 “神父役”テギョン(2PM)、“司祭服”姿のカン・ドンウォンとの比較に「比較されることに感謝」 女優ファン・ジョンウム、妊娠後の近況公開“お花畑で”
韓流ショップ 一覧>
5,400円
2度目の二十歳DVD-BOX...
5,400円
2度目の二十歳DVD-BOX...
32,400円
2度目の二十歳DVD-BOX...
19,440円
仮面 DVD-BOX2
19,440円
仮面 DVD-BOX1
17,280円
ヒーラー〜最高の恋人〜DVD...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.