「No Brain」、7th収録曲の半分が放送非適格判定…“反社会的・スラング・低俗な表現”指摘

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
「No Brain」、7th収録曲の半分が放送非適格判定…“反社会的・スラング・低俗な表現”指摘
「No Brain」、7th収録曲の半分が放送非適格判定…“反社会的・スラング・低俗な表現”指摘

韓国の人気パンクバンド「No Brain(ノーブレイン)」の7thアルバム「BRAINLESS」の収録曲半分が放送局の審議で不適格判定を受けた。(提供:OSEN)

 韓国の人気パンクバンド「No Brain(ノーブレイン)」の7thアルバム「BRAINLESS」の収録曲半分が放送局の審議で不適格判定を受けた。「No Brain」側が28日午前、明らかにした。

 放送審議の結果によると、「Kill Yourself」、「Anyway」、「ママ、私はこの世が恐ろしい(2016 Ver.)」、「何が位だ」が反社会的歌詞、スラング、低俗な表現などの理由で不可判定が下った。現代社会の核心的問題について声をあげた楽曲がほとんどだ。

 これに対して所属事務所側は「強烈なパンクサウンドを演奏するNo Brainの社会に抵抗する歌詞がこのような結果を招いた。どうしても今回のアルバムには率直で直接的な話法で、現社会に対する苦言を入れたかった。放送審議では非適格との判定が出たが、聴けば気が晴れる気分になるはずだ」と伝えた。
2016/04/29 16:50配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.