俳優ソン・イルグク、「スーパーマン」は人生最高の贈り物…降板の感想を語る

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
俳優ソン・イルグク、「スーパーマン」は人生最高の贈り物…降板の感想を語る
俳優ソン・イルグク、「スーパーマン」は人生最高の贈り物…降板の感想を語る
19か月間、視聴者を泣かせ笑わせた三つ子のテハン君、ミングク君、マンセ君の最後の放送が近づいている。(提供:OSEN)
 19か月間、視聴者を泣かせ笑わせた三つ子のテハン君、ミングク君、マンセ君の最後の放送が近づいている。

 7日、旧正月特集としてKBSの人気バラエティー番組「スーパーマンが帰ってきた」(以下「スーパーマン」)では、「愛してる、愛してる、愛してる」が放送される。特にこの日は、これまで笑いと感動を届けてくれた三つ子のテハン君、ミングク君、マンセ君の最後の姿が放送されるとあって、「スーパーマン」ファンの関心が高まっている。

 ソン・イルグクは妻に“休み”をプレゼントするために始めた「スーパーマン」への出演とあり、「最後の撮影は出発点だったママのための時間を過ごしたい」とし、妻チョン・スンヨン氏のための愛の弁当配達を最後のミッションに選んだ。その中で、三つ子たちは全員で力を合わせてママに渡すフルーツを串に刺した。ミングク君とマンセ君はパパに内緒でフルーツをつまみ食いして“食いしん坊”らしさを最後まで見せ、現場は笑いに包まれたという。

 続けて三人は、それぞれの手に弁当を持ってママの名前を叫びながら配達を完了するのに、いろいろな事が起きて笑いを誘う。

 最後の撮影を前にソン・イルグクは感想を述べた。「『スーパーマン』は、僕の人生の最高のプレゼントだったと断言できます」とし、番組への強い愛情を見せた。マンセ君は「僕たちが悲しむと、恐竜おじさんたちも悲しみます」と、撮影を始めた生後27か月時とは確実に違う、大きく成長した姿を見せ、これまで共にしたスーパーマンたちを感動させたという。みんなが名残惜しい“国民の三つ子” テハン君、ミングク君、マンセ君の「スーパーマンが返ってきた」の最後の姿により期待が高まる。
2016年2月6日10時22分配信 (C)WoW!Korea

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。

この記事が気に入ったら

イ・ジョク、「ジョン・パクは永遠の右腕、MV出演のソン・ホジュンにも感謝」 Zion.T、「人気歌謡」で1位…「TWICE」、「B.A.P」らがカムバック 「SHINee」ミンホ、「世界で最も美しい別れ」で存在感のある演技を披露 「防弾少年団」、「DNA」MV再生回数2億回突破…K-POPグループ最短


韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.