グンソク&ユナ主演ドラマ「ラブレイン」 ポニーキャニオンが日本放送権獲得

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
グンソク&ユナ主演ドラマ「ラブレイン」 ポニーキャニオンが日本放送権獲得
グンソク&ユナ主演ドラマ「ラブレイン」 ポニーキャニオンが日本放送権獲得
ドラマ「ラブレイン」
 韓国俳優チャン・グンソクと人気ガールズグループ「少女時代」のユナが主演し、あの「冬のソナタ」の監督が手がける超話題作「ラブレイン(原題:愛の雨/サランピ)」(制作:ユンスカラー)。各社争奪の末、ポニーキャニオンが同ドラマの日本放送権を獲得した。

 「ラブレイン」は、「冬のソナタ」「秋の童話」などのメガヒットドラマを手がけ、海外の韓流ブームの牽引役として世界各国で広く愛されてきたユン・ソクホ監督が、アジアを超え世界に活動範囲を広げているチャン・グンソクとユナ(少女時代)の2 大スターを主役で起用した話題の新作ドラマ。ユン・ソクホ監督特有の感性と水彩画のような映像美を通じ、1970 年代と現在の2つの時代を舞台に、“青春時代の純粋な愛”を描いたロマンティック・ラブ・ストーリーとなる。

 チャン・グンソクは感受性豊かな美大生ソ・インハ役と、仕事と愛に自由奔放なフォトグラファー、ソ・ジュン(ソ・インハの息子)の1 人2 役を、一方、チャン・グンソクの恋人役を演じるユナは清楚で大人しいキム・ユニと朗らかなユニの娘、ユリの2 役を演じる。「ラブレイン」主演キャストから公式コメントも届いている。

 「
グンソク&ユナ主演ドラマ「ラブレイン」 ポニーキャニオンが日本放送権獲得
ドラマ「ラブレイン」

初めて台本を読んだ時、いきなり涙が流れでた。2人の人物の感情がよく表現されていて、自分が感じた感動や『ラブレイン』が語ろうとしているメッセージをしっかりと伝えたい。自分が経験していない部分については、監督と作家の方に助けていただけると信じている」(チャン・グンソク)、「互いに相反した魅力を持った2人の人物を演じなければならないため負担が大きかったが、監督と作家の方、俳優の方々とセリフ合わせをしてみると、とても心強く感じた。一つ一つ学ぶ気持ちで最善を尽くしたい」(ユナ)。

 本作は、すでにことし9月より撮影が開始され、韓国での放送は2012 年上半期を予定している。日本国内の放送展開はおいては、来年の地上波放送に向けて、各テレビ局との交渉し決定していくという。
2011年11月17日13時12分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【公式】伊藤ゆみ(アユミ/ICONIQ)、「人生酒場」放送後ラブコール殺到…活発な韓国活動に期待 「SUPER JUNIOR」リョウク、日本で初のソロステージ開催! 日本初ソロシングル「桜の花が咲く頃」も初披露 【公式】俳優キム・ヨンホ、肉腫(サルコーマ)の手術を終え退院「心配してくれたファンに感謝」 【全文】“26日入隊”「INFINITE」ソンヨル、ファンに向けて手紙綴る「元気に行って来ます…愛してる」

コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.