K.Willが1年ぶりの来日「日本の苦しみは世界の苦しみ。力合わせたい」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
K.Willが1年ぶりの来日「日本の苦しみは世界の苦しみ。力合わせたい」
K.Willが1年ぶりの来日「日本の苦しみは世界の苦しみ。力合わせたい」

会見に臨むK.Will

 去る8日、韓国国民から絶賛される実力派シンガーK.Willが東京で単独ライブ「K.Will Concert with Band,Tokyo 2011」(主催:MENTOR Co.,Ltd)を開催した。

 東日本大震災の影響もあり、ライブの開催が危ぶまれた時期もあったが、本人の強い意向もあり予定通りの来日となったK.Will。公演前に記者会見でK.Willは「(地震の影響を)心配していたが、スタッフの協力、そしてファンの方々の応援で開催することができた。空港ではファンの皆さんの明るい笑顔を見て安心し、僕自身も勇気をもらうことができた」と語った。また、ことし初旬にリリースした新曲「胸がときめく」は、地上波の音楽番組で1位を獲得。デビュー以降、初の1位になったことについては「予想もしていなかったこと」とした上で「歌手を夢みてから20年、そして本格的な歌手デビューから10年を経ての1位となった。絶対に忘れられない瞬間」と、
K.Willが1年ぶりの来日「日本の苦しみは世界の苦しみ。力合わせたい」

会見に臨むK.Will

喜びの1日を振り返った。

 会見の後、開催された公演でK.Willはデビュー曲「左側の胸」を歌いながらステージへ登場。歌手としてスタートを切った曲を出だしに選んだことにも、彼の“思い”が詰まっていたのだろう。「ライブで歌ったのは、日本だけ」と語る「ショッピング」は、K.Willが特に好きな曲のひとつだという。“ショッピング”をテーマに、過ぎ去った恋人を思う切ないバラードソングだ。このほか「懐かしくて、懐かしくて、懐かしい」や「チョコレート」、「涙がぽろぽろ」など、K.Willを代表するヒット曲の数々を披露した。

 また、公演の中盤ではマイケル・ジャクソンの世界的なヒット曲「Heal The World」に全ての思いをぶつけるかのように熱唱。間奏部分では日本語で、被災者そして日本へメッセージを読み上げたK.Willは「力を合わせましょう。がんばってください! 」と心からエールを送った。

 全ての曲を生バンドで歌い上げ、約2時間の公演を締めくくった曲は、やはり「胸がときめく」と「LOVE119」。2曲ともに、K.Willをトップ歌手へと導いた代表曲だ。「胸がときめく」では、韓国のステージで踊っていたダンスを披露するなど、最後まで「完ぺき」を追及したK.Willらしいステージだった。

 「僕の歌で、たくさんの人が笑顔になればうれしい」と話すK.Willの思いは、訪れた日本人ファン一人一人に強く、熱く響いたことだろう。
2011/05/09 09:43配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 最終更新:2011/05/09 13:40


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.