日中韓の演劇交流 BeSeTo演劇祭が開幕

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
日中韓の演劇交流 BeSeTo演劇祭が開幕
日中韓の演劇交流 BeSeTo演劇祭が開幕

会見のようす。左から李勝英氏、鈴木忠志氏、平田オリザ氏、キム・ドンヒョン氏、文化体育観光部の具滋興(ク・ジャホン)明洞・貞洞劇場長=16日、ソウル(聯合ニュース)

<第16回BeSeTo演劇祭>が16日に開幕した。北京(Beijing)、ソウル(Seoul)、東京(Tokyo)の頭文字からつけられた<BeSeTo>という名が象徴するように、日中韓の演劇交流と友好増進のため1994年にソウルでスタートした演劇祭で、毎年3カ国で交互に開催されている。
 
明洞芸術劇場で16日に行われた記者会見で、演劇祭立ち上げに日本代表としてかかわった鈴木忠志氏は、「演劇祭を始めたのは、日中韓の首脳がともに座ることも難しい時期だった」と振り返った。最近は3カ国が政治的、文化的に共同体を作りさまざまなことをしており、BeSeToがこれに先立ち文化交流をしてきたことを誇らしく考えていると述べた。歴史的に問題のあった3カ国が、共同で対等に主催する演劇祭ということそのものに意味があるとし、単なる演劇のための演劇祭ではなく、「3カ国の希望を演劇を通じ実現しようという演劇祭」だと強調した。

鈴木氏は16、17日両日に明洞芸術劇場で上演される『シラノ・ド・ベルジュラック』の演出を手がける。

会見には、『東京ノート』(18、19日 大学路芸術劇場)を演出する平田オリザ氏も出席した。同作品は1993年にも『ソウルノート』のタイトルで上演されている。

中国は、上海話劇芸術センターの『秀才と首切役人』(李勝英演出・19、20日 南山芸術センター)、四川省川劇院の『火焔山』(20、21日 明洞芸術劇場)を上演。韓国は、ソウル市劇団が今月9日から11月1日まで、世宗Mシアターで『ダーウィンの亀』(キム・ドンヒョン演出)を上演する。
2009/10/19 09:27配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/10/19 09:29


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.