キム・ミョンミン 役作りのため50kg台に減量…低血糖症に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
キム・ミョンミン 役作りのため50kg台に減量…低血糖症に
韓国俳優キム・ミョンミンが限られた時間を生きる人物を演じるためダイエットに臨んだが、その後遺症に悩まされている。

キム・ミョンミンは今年秋ごろ公開予定の韓国映画『私の愛、私のそばに』で、ルーゲーリック病(筋萎縮性側索硬化症)を患うジョンウ役を演じ、女優ハ・ジウォンとラブストーリーを繰り広げる。

キム・ミョンミンは昨年キャスティングが確定したころからキャラクターの分析に入った。ルーゲーリック病に関する本を何冊も読み、さまざまな症状を調査し、その後、役柄の状況に合わせダイエットを開始した。

初めは炭水化物を減らしながら始まったダイエットが、現在はほとんど炭水化物を摂取せずに生野菜のみを取っているという。キム・ミョンミンの現在の体重は50kg台に落ちたとされ、糖の濃度が落ちることで現れる低血糖症の症状が見られると明かされた。

低血糖症は食事をきちんと摂取しなかったり、激しい運動をした場合にみられる症状で、ひどい場合は血管からブドウ糖を供給しなければならない。

関係者は「キム・ミョンミンが厳しいダイエットをしており、そばで見ていても辛そうだ」とし、「制作側にもこれ以上無理なダイエットを要求しないよう依頼するほど、キム・ミョンミンの健康を考えなければならない状態だ」と話した。
2009/04/10 16:49配信  Copyrights(C)wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.