ベトナム韓流に変化 ドラマリメークの動き

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
ベトナム韓流に変化 ドラマリメークの動き
韓国の映画やドラマをただ上映・放送するだけでは、いつしか外国消費者に“韓流”が飽きられ、“寒流”に変わってしまうとの懸念から、ベトナム芸能界で、新しい試みが始まっている。
ベトナムでは2002年から2006年まで、テレビドラマの約7割を韓国のドラマが占めるほどの韓流ブームが巻き起こり、チャン・ドンゴン、ペ・ヨンジュン、イ・ヨンエ、ソン・ヘギョ、ウォン・ビン、Rain(ピ)らがスターとなった。韓国の風俗、飲食物が人気となり、首都ハノイの若者たちがよく訪れる場所はコリアンロードと呼ばれるようにもなった。

しかし今月初め現在、ベトナムのテレビに占める韓国ドラマの割合は40%台に急落した。視聴率が低下しただけでなく、いつの間にか韓国ドラマや映画は、単なる映像物としてしか認識されなくなっていると、現地韓流専門家らは指摘する。ある映画関連誌の記者は、無分別な映画・ドラマの輸入と放映、韓国文化に対する理解が不足した状態での未熟な翻訳、ワンパターンな内容などが、韓流に食傷する要因だと説明した。

こうした中、大手テレビ制作会社を中心に、韓流ドラマをリメークする動きが広がっている。代表的なのが2004年のRain、ソン・ヘギョ主演ドラマ『フルハウス』で、来月から現地テレビ局による本格的なリメーク版撮影が始まる。準備段階から関心が高まっており、このベトナム版『フルハウス』が成功すれば、人気ドラマのリメークが増えると予測される。

単なる韓流作品の輸入から韓流を基盤としたリメークへという新しい動きは、韓流をより身近なものとする努力と同じ脈絡のものだと、前出の記者は説明する。また、韓国の先進ドラマ制作技術の習得や、より良いドラマ環境作りも可能になるとの期待もかかっている。ベトナムでの韓流リメークは単なる韓流の“ものまね”ではなく、両国文化に対する理解を深める代案で、両国の共同努力と関心および支援が必要だと語った。
2009/03/18 09:58配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/03/18 10:00


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.