JK キム・ドンウク 日本でライブツアー開催

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
JK キム・ドンウク 日本でライブツアー開催
来たる5月15日大阪・ウェスティ(西文化会館)、5月16日東京・IMAホール(光が丘IMA)にて韓国歌手JK キム・ドンウクのライブツアー<Live Tour 2009 in Japan>が開催される。

韓国歌手JK キム・ドンウクは、2001年映画『暴力団の妻』挿入曲としてリメイク曲『手紙』を歌い、“イム・ジェボムのような音色”で注目を集める。2002年5月にソウルバラード中心の1stアルバム発表。タイトル曲『愚かな愛』はドラマ『危機の男』の挿入曲として大ヒットし一躍スターダムに上る。

デビュー当初から円熟した歌唱力を持つ実力派歌手としてライブ舞台を中心に活動。 2003年7月の2ndアルバムではR&B、ボサノバ、ヒップホップ、ロック、ソウルなど多様な音楽性を見せ、2004年5月に国内・外歌手の遺作名曲を歌ったリメイクアルバムを発表。また、2005年4月にロサンゼルス及びニューヨークでの<Korean Music Festival>に、9月には埼玉スーパーアリーナで開催された韓流フェスティバル出演した。この年9月に発表した3rdアルバムでは、徹底してアコースティックに拘り訴える力の濃いバラードを主としている。
 
アルバム毎に変化した姿をみせてくれるが、2007年7月の4集アルバムでその音楽はソウルとジャズ、ロックとヒップホップなど一段と多様化された。タイトル曲『クンパックLife』、『ひまわり』をはじめ自作曲5曲を発表しているソングライターでもあり、独自の音楽世界を追求している。また深い音色、哀調、懐かしさを併せ持つ優れた歌唱力でドラマOSTへも多数参加し、2007年には『魔王』、『漢城別曲-正』などのテーマ曲が人気を呼んだ。

一方、2007年10月に初の日本公演 <First Live in Tokyo>を開催、2008年5月には中国初公演 <Live In Shanghai>を開催しいずれも盛況をおさめ海外進出も着実に進めている。さらに、2008年10月にシングル『Come to me』を発表し自作曲で節制された余韻の美を感じさせるヴォーカルを披露している。


詳細:http://www.peacebridge.co.jp/
2009/03/09 13:21配信  Copyrights(C)wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.