イ・ビョンホン “韓国のアラン・ドロン”カンヌでも熱い関心

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
イ・ビョンホン “韓国のアラン・ドロン”カンヌでも熱い関心
イ・ビョンホン “韓国のアラン・ドロン”カンヌでも熱い関心
“韓流スター”イ・ビョンホンがカンヌに到着する前からファンたちの熱い関心を集めている。<第61回カンヌ国際映画祭>フィルムマーケットの<CJエンターテイメント>のブースには、米、ヨーロッパ、アジア各国の映画関係者たちが絶えず訪問している。理由は、映画『良い奴、悪い奴、変な奴』と、この映画に出演しているイ・ビョンホンのためだ。一部のフランス女性たちは映画のポスターを求めた。<CJエンターテイメント>の関係者は、「映画が公開される前からイ・ビョンホンに対する関心が熱い。イ・ビョンホンのポスターを見たフランスの女性関係者たちが、“アラン・ドロン”だと言ってイ・ビョンホンのポスターを欲しがった。映画が公開されれば、イ・ビョンホンに対する関心がより一層大きくなると期待する」と話した。

“イ・ビョンホン効果”は異例的なハプニングも作り出した。一部韓流ファンたち、特に日本ファンたちがイ・ビョンホンに会うためにカンヌに訪れるという。日本から直接カンヌに訪れる日本ファンをはじめ、ヨーロッパに留学中の日本ファンまでもがカンヌを訪れるという。関係者は、「イ・ビョンホンがいつカンヌに到着するのか問い合わせる日本ファンの電話をたくさん受けた。すでに相当数カンヌに到着し、イ・ビョンホンを待っている」と話した。

カンヌ映画祭側の関心も高いという。キム・ジウン監督にも世界各国マスコミからインタビュー要請が殺到している。21日に行われる記者会見に、ヨーロッパ、米、アジア地域からインタビュー要請が殺到し、特別にフランスマスコミのインタビューを封切り時期に先送りした。一方、20日、韓国女優ソン・ヘギョがカンヌのホテルで行われたジョン・ウー監督とプロデューサーテレンス・チャンの製作発表会にびっくり出演した。ジョン・ウー監督の次期作は『1949』(仮題)であることが知らされ、ソン・ヘギョのキャスティングが極秘裏に行われた。
2008年5月21日10時27分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
7,140円
「王になった男」プレミアムB...
4,935円
「王になった男」スタンダード...
7,140円
「王になった男」プレミアムB...
2,058円
『光海、王になった男』 OS...
980円
韓流T.O.P vol.19...
1,260円
もっと知りたい!韓国TVドラ...
イ・ビョンホンの関連商品をもっと見る

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.