シネマコリア2007 日本初公開の新作韓国映画を一挙上映

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
シネマコリア2007 日本初公開の新作韓国映画を一挙上映
「映画の上映を通じて、日韓の相互理解と文化交流を促進させる」ことを目的に、1998年に設立された<シネマコリア>。ミニ韓国映画祭として、多くのファンから支持を得てきた同映画祭で、これまで紹介されてた作品は、日本初公開作や未配給作を中心におよそ50作品。『フラガール』の李相日、『グエムル -漢江の怪物-』のポン・ジュノ、『トンマッコルへようこそ』のパク・クァンヒョン、『王の男』のイ・ジュンイクといった有名監督のデビュー作もいち早く上映され、「新たなる才能の発見の場」としても注目されている。

9年目となる本年の<シネマコリア2007>は、「もっと知りたい。韓国」をキーワードに、韓国の社会・文化・歴史・国民性に、よりディープにアプローチ。イム・サンス監督作『懐かしの庭(古い庭園)』(主演:ヨム・ジョンア、チ・ジニ)、イ・ジュンイク監督作『ラジオ・スター』 (主演:パク・チュンフン、アン・ソンギ)、ヤン・ユノ監督作『ホリデイ』(主演:イ・ソンジェ)、ユン・ジョンチャン監督作『青燕』(主演:チャン・ジニョン、キム・ジュヒョク)など、韓国の近現代史を描いた作品群を通して韓国社会と向き合い、リアルな韓国を映し出す。

また、東京会場にはイム・サンス監督、ヤン・ユノ監督、ユン・ジョンチャン監督が、名古屋会場には元・文化庁文化部長で映画評論家の寺脇研氏がそれぞれゲストとして出演。舞台挨拶やティーチインが行われる予定だ。

シネマコリア2007は8月18日・19日に東京・イイノホール、8月25日・26日に名古屋・愛知芸術文化センター、9月1日・2日に大阪・第七藝術劇場で開催される。

詳 細 : http://cinemakorea.org/filmfes/


Copyrights(C)wowkorea.jp
2007年7月30日11時52分配信


この記事が気に入ったら

【トピック】「東方神起」ユンホが伝える違法駐停車安全メッセージが話題 歌手フィソン、公開したエイミとの通話の内容とは? V.I&チョン・ジュンヨンらによる隠し撮りの被害女性が新たに登場か=「SBS8ニュース」 【全文】歌手フィソン、エイミの通話録取公開・暴露被害の心境を告白


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.