ユン・サンヒョン “プレイボーイ”から“マザコン”に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
ユン・サンヒョン “プレイボーイ”から“マザコン”に
ユン・サンヒョン “プレイボーイ”から“マザコン”に
タレントユン・サンヒョンが、作家キム・スヒョンの次回作『冬鳥』(脚本:イ・クムジュ/演出:チョン・セホ)にキャスティングされた。

『冬鳥』は、来たる9月からMBCで新しく放送する特別企画50部作の週末ドラマで、自身の絶望と戦いながら傷を癒していく1人の女性の切ない人生を描く。

最近『私の男の女』を成功的に終えた作家キム・スヒョンの1986年小説『冬鳥』を原作にしたこのドラマは、キム・スヒョンが監修を務めることで撮影前から視線を集めている。

ユン・サンヒョン(チュ・ギョンウ役)は、パク・ソニョン(ヨンウン役)の夫を演じる予定だ。ユン・サンヒョンはSBS『独身天下』のラグジュアリーなプレイボーイ以降、10月ぶりにブラウン管に復帰するもの。

ユン・サンヒョンが演じる劇中人物チュ・ギョンウは、一流大学出身の皮膚科レジデントで礼儀正しく優しく見えるが、内気な性格に極度のマザコンで多重人格者のように様々な顔を持っている人物だ。ヨンウンを愛しているが愛し方を知らず、息子に対して病的なほど執着している母親の操り人形のような役割をすることになる。

ユン・サンヒョンは「これまで演じてきたキャラクターが、7年付き合った恋人を捨てる裏切り男や、プレイボーイ的な役がほとんどだったけど、今回の役柄はマザコン役ということで、気持ちが新鮮だ。新しい一面を見せるチャンスだと思って、一生懸命撮影に臨みたい」と撮影を控えた感想を明かした。

とくにユン・サンヒョンは、『冬鳥』の演出を務めるチョン・セホPDとは、昨年MBC『恋の花火』に続き、2度目のタッグとなる。

『冬鳥』はユン・サンヒョン以外にも、パク・ソニョン、イ・テゴンなどが主演にキャスティングされ、7月中旬の中国ロケを皮切りに9月頃に放送される計画だ。

Copyrights(C)The financial news & etimes Syndicate & wowkorea.jp

2007/07/14 09:56配信  最終更新:2008/01/11 14:08


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.