在日3世の俳優 新井浩文

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
在日3世の俳優 新井浩文
日本の映画俳優、新井浩文さんが、ソウル映画祭の招きで韓国を訪れた。初めて主演を務めた映画『ゲルマニウムの夜』が<第7回ソウル映画祭>の国際競争部門に出品された。

新井浩文は在日3世。仕事で韓国に来ることもあるため、昨年、国籍を北朝鮮から韓国に変えた。『ジョゼと虎と魚たち』『GO』『69』『血と骨』など韓国国内で公開された数多くの映画に出演している。

新井浩文は、『ゲルマニウムの夜』で演技する際に難しかった点はなかったかとの質問に「全体的にそれほど難しいことはなかった。ただ、同性愛の部分はその感情がよく分からず演じるのは容易ではなかった」と答えた。これまで不良生徒や反抗児といった個性の強いキャラクターを演じてきた新井浩文だが、「人間の内面と暗い部分に関心があり、強いキャラクター自体は嫌いではない」と話す。いつでも違ったイメージに変えることができ、大きな心配はしていないという。自信の表れかとの問いかけには「演技に対する自信ではなく、自分としては良い作品を選択できる目を持っていると思う」と説明した。作品を選ぶ際には、役割の比重よりはシナリオを先に見るよう心がけている。

ドラマへの出演を避けている理由については「ドラマは映画のように人間の生き方をすべて見せるのに限界があるため」と語った。『ゲルマニウムの夜』での演技に対しては「80点ほどの出来。100%満足する日がくれば演技をやめるべきではないかと思う」と話した。

新井浩文は最後に「韓国映画で日本語を話す俳優が必要ならば韓国映画に出演する意思がある。次に韓国に来るときには、一回り成長した俳優として韓国人と会いたい」と抱負を述べた。


Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.
2006年9月19日9時37分配信

この記事が気に入ったら

「CRAYON POP」、南米の人気ボーイズグループ「CD9」とコラボ 17歳年下女優のハート掴んだ俳優シン・ハギュン、週末の舞台あいさつで言及あるか注目 「月の恋人」イ・ジュンギ、相手役IUについて「初めは心配していた」 ニコル(元KARA)、アイドル・ダンスバトル「Hit the Stage」に電撃合流
思わずWOW! ワウネタ
ハッピーアワーはアルコールが安く飲める!【ニュージーランド】
ニュージーランド人は、アルコール大好きな国民です。…

紅茶の選びのポイント、教えます【インド】
北インドは紅茶圏です。…

イヌよりも断然ネコ派が多い!飼いネコのお散歩は当たり前【ニュージーランド】
ニュージーランドに来て驚いたことは、とにかくネコを飼って…
韓流ショップ 一覧>
10,000円
<Ryanバージョン>VIP...
5,000円
チケット<Ryanバージョン...
5,000円
チケット<Ryanバージョン...
10,000円
<PlusMバージョン>VI...
5,000円
チケット<PlusMバージョ...
5,000円
チケット<PlusMバージョ...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2016AISE Inc. All Rights Reserved.