クォン・サンウ “イケメン”から“タフガイ”に

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
クォン・サンウ “イケメン”から“タフガイ”に
クォン・サンウ “イケメン”から“タフガイ”に
来たる12月15日公開予定の映画『美しき野獣』で、クォン・サンウが“花美男子(イケメン)”イメージを脱ぎ捨てた。
これまで、クォン・サンウは柔らかいイメージ、あるいはタフだが男性的というよりは反抗児的なイメージが強かった。

しかし30才(韓国での数え年)になった今年、クォン・サンウはこぎれいな姿ではなく、“俳優クォン・サンウ”のための土台として、『美しき野獣』を選んだと明かした。この映画でクォン・サンウは、黒く光る褐色の肌になり、イケメンのイメージを果敢に脱ぎ捨てている。

『美しき野獣』でクォン・サンウは、いつもよりも多いアクションをこなした。走る車を追いかけ、車が疾走する道路のど真ん中を走り、ギャングたちとの激闘シーンを撮影。このため、クォン・サンウは撮影前からアクションスクールに通い、チュ・ヨンミン武術監督に過酷なアクショントレーニングを受けた。

クォン・サンウはこうしたアクションシーンすべてを、スタントなしで撮影した。少しでも息が合わなければ大事故になりうる、大勢での危険な激闘シーンや、走る車にぶつかって転げ落ちるシーン、300余名のエキストラが動員された、都会のど真ん中で繰り広げられる銃撃シーンや、その中での自動車追撃シーンなど、全てを自らこなした。

映画『美しき野獣』は、野獣のような2人の男が暗黒街の大物に立ち向かい、荒々しい暴力の世界に飛び込む話を描いたアクションノアール。クォン・サンウと同い年のユ・ジテが、手の早い刑事チャン・ドヨンと正義を信じる信念の検事オ・ジヌ役を演じている。

Copyrightsⓒsegye.com & etimes Syndicate & wowkorea.jp
2005年10月20日18時58分配信


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
5,400円
レディプレジデント~大物 <...
25,920円
野王~愛と欲望の果て~ DV...
22,680円
野王~愛と欲望の果て~ DV...
4,725円
「ライジング・ドラゴン」 ブ...
3,360円
「ライジング・ドラゴン」 D...
2,058円
『野王』 OST 韓国盤
クォン・サンウの関連商品をもっと見る

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.