sg WANNA BE+ “クォン・サンウ効果”で急上昇

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
sg WANNA BE+ “クォン・サンウ効果”で急上昇
sg WANNA BE+ “クォン・サンウ効果”で急上昇
2ndアルバムでカムバックしたグループ<SG Wanna Be>が、クォン・サンウ効果で売上を伸ばしている。

これは17日、『悲しき恋歌』の最終回で、劇中ジュンギュ(クォン・サンウ)が、ヘイン(キム・ヒソン)のコンサートを見ながら死にゆくシーンで、SG Wanna Beの2ndアルバムタイトル曲『生きていたら』が流れたため。

“悲しき恋歌”O.S.T(オリジナルサウンドトラック)制作当初、『10年経っても』はクォン・サンウが、『生きていたら』はソン・スンホンが歌うことになっていた。しかし、ソン・スンホンは『生きていたら』が、卓越した歌唱力と豊かな感情表現力が必要だと言うことで悩み、結局あきらめたということが、一足遅く知られている。
結局、軍入隊日が決まっていたソン・スンホンは、O.S.Tに自分の歌を収録する事を断念した。

この時、クォン・サンウは、入隊を控えたソン・スンホンに、ファンのためのプレゼントとして、自分が歌うことになっていた『10年経っても』を歌ってはどうかと提案。この、親しい友達の提案により、入隊前日、ソン・スンホンは夜通しスタジオでレコーディングを終え、訓練所に向かった。

結局『生きていたら』は、ソン・スンホンではなく人気グループ<SG Wanna Be>の声で『悲しき恋歌』のトリを飾り、視聴者やファンたちから大きな呼応を呼び起こした。

2004年、新人として大ヒットしたSG Wanna Beの2ndアルバムは、予約9万枚を記録して話題となっており、『悲しき恋歌』のB.G.Mに使われ、人気を予告。
去る16日、メサポップコーンホールで開かれた初ステージで、“カムバック申告式”を行ったSG Wanna Beの2ndアルバムは3月21日発売される予定である。

Copyrightsⓒgonews & etimes Syndicate & wowkorea.jp
2005/03/22 13:18配信  最終更新:2005/03/22 13:20


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
5,400円
レディプレジデント~大物 <...
25,920円
野王~愛と欲望の果て~ DV...
22,680円
野王~愛と欲望の果て~ DV...
4,725円
「ライジング・ドラゴン」 ブ...
3,360円
「ライジング・ドラゴン」 D...
2,058円
『野王』 OST 韓国盤
クォン・サンウの関連商品をもっと見る

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.