カン・ウソク監督「さよなら ソル・ギョング」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
カン・ウソク監督「さよなら ソル・ギョング」
カン・ウソク監督「さよなら ソル・ギョング」
『公共の敵2』試写会にて愛情のこもった決別宣言

「新たな一面発見 チョン・ジュノとはまた一緒に仕事したい」

『公共の敵2』が、2作だけで1,500万人の観客を動員した韓国最高の興行パワーコンビ、“カン・ウソク&ソル・ギョング”の、最後の作品となる見通しだ。

カン・ウソク監督は、映画『公共の敵2』(制作:シネマサービス)試写会終了後、行なわれた記者会見で「ソル・ギョングとはもう別れる」と、溢れる愛情の中で“決別”を宣言した。

カン・ウソク監督は18日、ソウル・鐘路(チョンノ)のある映画館で作品が上映された後、記者と対面する席で「ソル・ギョングとはもう一緒にやらない」とコメント。初めて主演に起用したチョン・ジュノについては「もう一度やりたい」と語り、注目を集めた。

カン監督は、大作『力道山』撮影終了後、再び体重を急激に落とし、精神的にエネルギー不足となっていたソル・ギョングとの、苦労した撮影経験を余すところなく語った。カン監督は「『公共の敵』と『シルミド』で一緒にやったが、初めてソル・ギョングがあがいているのを見た」「減量のせいだったのか、セリフを口にしようと汗を流して、結局、“俺、今日はできない”って」と、裏話を明かした。さらに「ソル・ギョングはカメラをちゃんと見ないように、監督と目を合わせないようにしていた」「『力道山』のせいで疲れていたようだ」と語った。

ソル・ギョング量の多いセリフに、予定より早く撮影を終わらせた経験を公開し、「死んでしまいたかった」と、当時の心境を吐露した。強靭な検事カン・チュルジュンを演じたソル・ギョングは、舞台挨拶で「初めて大卒のキャラクターを演じた」と冗談を飛ばしたほど、知的でありながら間の抜けたところがあり、時には怒りと悲しみを織り交ぜた激情を、おびただしい量のセリフに込めて吐き出した。

公式の席上で起こったカン監督の異例の“決別宣言”は、すでに『公共の敵』と『シルミド』でタッグを組み、1,500万人以上の観客を動員したソル・ギョングに対し、格別の愛情とともに「そろそろ自由にしてやる時がきた」と判断したものと思われる。
観客に、今回の作品が2人の最後の共同作業であることを強調する意味もあるのだろう。
一方、俳優として新たな一面を発見したチョン・ジュノとは、もう少し長くつきあって行きたいという。カン監督は「2人の俳優と一緒にやれて幸せだった」と締めくくった。
カン・ウソク&ソル・ギョングが一緒に作り上げた“最後の作品”『公共の敵2』が、2人の映画人の観客動員数をどれほど伸ばすかが注目される。

CopyrightsⓒHerald Media& etimes Syndicate& wowkorea.jp
2005/01/20 11:24配信  最終更新:2005/01/20 11:27


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...
おすすめ情報
Blu-ray&DVD好評リリース中のドラマ「ボーイフレンド」、知れば知るほど、もっと愛しくなる&観たくなるトリビア公開!

「タクシー運転手」「1987、ある闘いの真実」「工作 黒金星と呼ばれた男」に続く衝撃の問題作! 「国家が破産する日」DVDが4月8日より発売

コワモテ怪力王マ・ドンソク×イケメン熱血漢キム・ヨングァン、前代未聞のバディが凶悪犯罪に立ち向かう『ザ・ソウルメイト』DVDが2020年3月4日に発売開始

「第71回さっぽろ雪まつり12thK-POP FESTIVAL2020」、キム・ジェファン、「NATURE」、「TOO」 3組の出演が決定

若手女優 チン・セヨン 来日ファンミーティング決定!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.