台湾外交部長が中国の侵略時「全国民による防衛」の必要性を訴える…中国側は強く批判

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
台湾外交部長が中国の侵略時「全国民による防衛」の必要性を訴える…中国側は強く批判
台湾外交部長が中国の侵略時「全国民による防衛」の必要性を訴える…中国側は強く批判(画像提供:wowkorea)

台湾外交部長が中国の侵略時「全国民による防衛」の必要性を訴える…中国側は強く批判(画像提供:wowkorea)

台湾外交部のご・しょうしょう(呉ショウ燮〈「ショウ」は金偏にりっとう〉)部長が先日、中国による台湾侵略の可能性を強調し、 米国と北大西洋条約機構(NATO)による支援の必要性を訴えた上で、「全国民が自ら防衛に立ち上がらなければならない」と発言した。中国側は強く反発している。

 中国国務院台湾事務弁公室の朱鳳蓮(しゅ・ほうれん)報道官は19日の記者会見で、呉部長の発言を強く批判した。

 朱報道官は「呉ショウ燮らは外部勢力を引き入れて台湾独立を企て、台湾海峡の平和と安定を破壊しようとしている。いわゆる全住民動員を訴えることで、台湾の市民を独立のための人質に取っている。これは非人道的な行為だ」と台湾側を痛烈に批判。

 さらに、「彼らはモノで他国を釣り、台湾市民全員を台湾独立という戦車にくくりつけ、『武力による統一』の犠牲にし、災難の深淵へ導こうとしている。彼らは完全なる民族の害虫だ」などとののしった。

 その上で、「台湾は中国領の欠かせない一部であり、台湾問題は完全なる中国の内政問題だ。外国からのいかなる干渉も容認しない。もし、台湾独立派が形勢判断を誤り、外部勢力を引き入れて危険な方向へ進むならば、われわれは断固たる措置を取ってこれを粉砕する」と警告した。
2022/05/20 06:49配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 106 最終更新:2022/05/20 12:03


この記事が気に入ったら

社会/文化ランキング

コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.