現代自動車のEV「アイオニック5」がインドネシアで人気、「日本車に勝る勢い」=韓国報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
現代自動車のEV「アイオニック5」がインドネシアで人気、「日本車に勝る勢い」=韓国報道
現代自動車のEV「アイオニック5」がインドネシアで人気、「日本車に勝る勢い」=韓国報道(画像提供:wowkorea)

現代自動車のEV「アイオニック5」がインドネシアで人気、「日本車に勝る勢い」=韓国報道(画像提供:wowkorea)

現代自動車のインドネシア販売法人によると、4月22日に電気自動車(EV)「アイオニック5」の価格を発表してから27日まで、同自動車の契約数は1587件に達した。

インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)によると昨年、同国におけるEVの合計販売台数は693台。うち「アイオニック」と「コナ」が605台を占め、87%のシェアを確保した。

インドネシア市場は従来、日本ブランドのシェアが95%に達するほど日本企業の力が強い。現代自動車は進出初期から日本ブランド中心の市場構成を変えるため、EV市場の拡大を念頭に置いた戦略を準備してきた。

2020年初めには配車サービス大手のグラブと協業し、「アイオニック」20台を使って空港から市内までのEV配車サービスを開始。EVに対する市場の反応をみた後、販売法人を設立して最初の販売車種を「アイオニック」と「コナ」のEVとした。

また昨年9月には、LGエナジーソリューションと共にカラワン地域にバッテリーセルの合弁工場を着工した。

さらにことし11月、バリで開催予定のG20サミットでは、EV「ジェネシスG80」がVIP車両に選出された。4月16日にはジョコ・ウィドド大統領やチョン・ウィソン(鄭義宣)会長が参加するインドネシア工場の竣工式を開催。現代自動車グループが東南アジア諸国(ASEAN)で生産する初のEVであると同時に、インドネシアで販売する車種では初の現地生産となるEVの量産を開始した。
2022/05/01 11:37配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 101


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.