韓国軍 境界線越えた北朝鮮警備艇に警告射撃=船舶拿捕

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国軍 境界線越えた北朝鮮警備艇に警告射撃=船舶拿捕
北朝鮮の警備艇(資料写真)=(聯合ニュース)

北朝鮮の警備艇(資料写真)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の船舶と警備艇が8日、黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越えた。韓国軍は北朝鮮の船舶を拿捕(だほ)し、調査を行っている。北朝鮮の警備艇は韓国軍の警告射撃を受けて引き返した。

 韓国軍の合同参謀本部によると、同日午前9時半ごろに黄海の白ニョン島から10キロの海上でNLLを越えて韓国側に入った全長約10メートルの船舶を確認し、警告通信を行ったが、船舶はNLLを越え韓国側に入った。

 また、船舶を追っていた北朝鮮の警備艇がNLLに近付き、韓国軍が警告通信を行った。だが、警備艇はNLLを侵犯し、韓国軍の高速艇が40ミリ艦砲3発で警告射撃を行った。NLLを越え、約1キロ南下した北朝鮮の警備艇は警告射撃を受け、北朝鮮側に戻った。

 北朝鮮の警備艇がNLLの韓国側にいた時間は約7分だった。

 韓国軍は拿捕した船舶を白ニョン島付近にえい航し、関連当局と合同で取り調べ中だ。

 船舶には7人が乗っており、6人は軍服を着ていた。武装はしていなかったという。

 乗組員は「引っ越しの荷物を運ぶ途中、航路を間違えた」と供述しており、韓国に亡命する意思もないという。手続きに則って北朝鮮側に引き渡されるとみられる。

 偶発的だったとみられるが、北朝鮮の警備艇がNLLを侵犯するのは2016年以来となる。北朝鮮の警備艇は軍艦の一種で、漁業指導船の取り締まり船などと異なる。このため、韓国軍は万一の事態に備えるなど、緊張を高めていたという。当時、北朝鮮側の海岸砲門の一部が開いたもようだ。

 軍の消息筋によると、韓国軍の警告通信に対し、北朝鮮側は「返せ。漁船だ。拒否すればすべての事態の責任はそちらにあり、安全も担保できない」という趣旨の通信を行った。

2022/03/08 17:57配信  Copyright 2022YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.