ロシア・ウクライナ和平合意のためには「中国政府の調停」が必要…ヨーロッパの専門家らが主張

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ロシア・ウクライナ和平合意のためには「中国政府の調停」が必要…ヨーロッパの専門家らが主張
ロシア・ウクライナ和平合意のためには「中国政府の調停」が必要…ヨーロッパの専門家らが主張(画像提供:wowkorea)

ロシア・ウクライナ和平合意のためには「中国政府の調停」が必要…ヨーロッパの専門家らが主張(画像提供:wowkorea)

ロシアのウクライナ侵略に関連し、和平合意のためには「中国政府による調停」及び「ウクライナがあと1週間持ちこたえること」が必要だとする意見が専門家から上がっている。

 ドイツメディア「The Voice of Germany」によると、フリードリヒ・エーベルト財団の Marcel Röthig氏が「どの戦争にも終わりがある。それは通常、和平交渉を通じて達成される。私はウクライナとロシアが近いうちに和平合意し、ロシアと欧米各国の間にも合意がなされるものと信じる。ただ残念なことに、状況はまだその段階に達していない」と発言した。

 報道によると、ウクライナとロシアはベラルーシにおいて2度協議を行い、一般市民が退避するための「人道回廊」を設置することで一致した。また、ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアのプーチン大統領と直接協議を行うことを望んでいる。しかし、プーチン大統領はむしろ米国のバイデン大統領と直接交渉を行うことに関心を見せている。

 これに関してRöthig氏は調停役として中国政府の重要性を強調し、「中国はヨーロッパ市場が不安定化することを望まない。また、中国はロシアにとって唯一の経済的パートナーであり、プーチンは中国の支援がどうしても必要だ」と述べた。

 また、ブリュッセルのシンクタンク・欧洲外交評議会(EUFR)の Gustav Gressel上級研究員は「現在のところプーチン大統領は和平協議に関心を示していないが、ロシア軍が不利な状況になればプーチンへの圧力が強まる」とした上で「もしウクライナ軍があと1週間程度持ちこたえることができれば、プーチンは妥協案のうちの1つに合意するかもしれない」と述べた。

 Gressel氏はさらに、ソ連のヨシフ・スターリン最高指導者によるフィンランド侵攻を例に取り、「スターリンは人類の運命を重要視するような人物ではなかった。だが、40日後、彼はフィンランドへの侵攻を停止した。大国ソ連にとっても、当時の損失は甚大だった。フィンランドを迅速に征服することができず、持ちこたえることができなかったのだ」と語った。その上で、経済制裁とそれによるロシア経済の崩壊の可能性がプーチン大統領にとって「大きな圧力」となっていると主張。さらにロシア国内のエリート層の支持離れ・反戦運動の拡大などが起これば、ロシア軍撤退につながる可能性があると主張している。

 また、具体的な合意内容に関連して、前述のRöthig氏は「和平合意がなされれば、ウクライナは将来的に連邦制を実施するか、領土の一部を放棄することになるだろう。また、北大西洋条約機構(NATO)加盟も放棄することを迫られるだろう」と述べている。

 ただ、一部の専門家からは「ロシア政府の条件を優先した和平合意がなされれば、アフガニスタンのような長期的紛争につながる可能性がある」という懸念も上がっている。
2022/03/07 07:02配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 106 最終更新:2022/03/07 07:07


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.