韓国教授、北京冬季五輪期間中も「旭日旗追放キャンペーン」展開を宣言

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国教授、北京冬季五輪期間中も「旭日旗追放キャンペーン」展開を宣言
前回大会の平昌冬季五輪で、IOC(国際オリンピック委員会)の公式SNSに旭日旗模様の帽子を被った選手の写真が掲載された。(画像提供:wowkorea)

前回大会の平昌冬季五輪で、IOC(国際オリンピック委員会)の公式SNSに旭日旗模様の帽子を被った選手の写真が掲載された。(画像提供:wowkorea)

「全世界旭日旗退治キャンペーン」を繰り広げている韓国誠信女子大学のソ・ギョンドク教授が、北京冬季五輪期間中も旭日旗追放キャンペーンを行うと宣言した。

 ソ教授は4日、「最近、オリンピックが開催されるたびに戦争犯罪に使用された旭日旗が登場して物議を醸していたが、今回の北京五輪でも注視する必要がある」と明らかにした。

 前回大会の平昌冬季五輪で、IOC(国際オリンピック委員会)の公式SNSに旭日旗模様の帽子を被った選手の写真が掲載された。また昨年の東京夏季五輪では、ロード・男子ロードレース競技中に旭日旗での応援が登場した。

 ソ教授は「北京現地の韓国人やネットユーザーの積極的な賛同が大事。テレビやモバイルで競技を視聴する時に旭日旗が登場したらキャプチャーして情報提供してくれればいい」と訴えた。

 情報提供の方法は、ソ教授のインスタグラムのアカウントにDMで送ればいいという。その後、ソ教授はIOCとオリンピック組織委員会側に抗議のメールを送る計画だ。

 ソ教授は「全世界の外信に情報提供をして記事化することで『旭日旗=戦犯旗』であることを広く伝えるきっかけにする予定だ」と説明した。
昨年の東京夏季五輪では、ロード・男子ロードレース競技中に旭日旗での応援が登場した。(画像提供:wowkorea)

昨年の東京夏季五輪では、ロード・男子ロードレース競技中に旭日旗での応援が登場した。(画像提供:wowkorea)

2022/02/04 11:06配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 5 最終更新:2022/02/04 14:08


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.