「エコなオリンピック?」…「自然保護区域」にスキー場建設=北京五輪

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「エコなオリンピック?」…「自然保護区域」にスキー場建設=北京五輪
北京五輪のスキー競技場が、自然保護区域の真ん中に建設されていたことがわかった(画像提供:wowkorea)

北京五輪のスキー競技場が、自然保護区域の真ん中に建設されていたことがわかった(画像提供:wowkorea)

来月4日に開幕する北京冬季オリンピックのスキー競技場が、自然保護区域の真ん中に建設されていたことがわかった。「今回の大会は、歴史上最もエコで清潔な大会にする」と約束してきた中国だったが、このことで「結局口先だけだった」とみなされる可能性が高まった。

CNNの報道によると、北京五輪のスキー競技が開かれる国立アルペンスキーセンターは、延慶区北西部の小海タ(しょうかいた)山岳地帯に建設された。ここは、北京市内から北方向に約90キロメートル離れた場所である。

CNNによると、このスキーセンターが建てられた地域は自然保護地域で、イヌワシやラン科の植物のような貴重な野生動物たちが生息していることから、中国政府はこれまで承認を受けた科学研究を除いては誰も近づけないようにしてきた。

しかし中国は2015年、この地域の自然保護区域の境界を改めて設定し直し、スキーセンターが建設される地域を自然保護区域から除くことで建設地を確保した。

IOC(国際オリンピック委員会)は2015年6月に発表した北京五輪評価報告書を通じて、スキー場建設地域について「保護区域のような山岳生態系の一部だ」と説明し「この地域のスキーリゾート開発が環境に及ぼす影響を制限するための緩和措置と、かなりの生態研究が必要だ」と伝えている。

中国の環境運動家の一人は中国政府に対し、自然保護区域の境界を変えたことに対する情報公開を要求したが、中国政府は「国家の機密を含んだものである」としてこれを拒否した。

中国が自然保護区域の境界を再設定してまで、この地域にスキー場を建設したのは、小海タ山が北京で唯一800メートル以上の垂直落下のある山だからである。オリンピックの滑降競技場には、800メートル以上の垂直落差が求められている。

問題は、五輪後もこの地域が開発される可能性があるという点だ。中国は2024年まで、にこの地域を世界的なスキーの名所にする計画である。そのためスキーのスロープを10ヘクタールに拡張し、毎年50万人以上の観光客を誘致する計画を立てている。
2022/01/31 13:38配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 96 最終更新:2022/01/31 16:35


この記事が気に入ったら

社会/文化ランキング

コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.