安哲秀候補「韓国はコロナブルーが深刻」 精神衛生フォローも国の責任で=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
安哲秀候補「韓国はコロナブルーが深刻」 精神衛生フォローも国の責任で=韓国
安哲秀候補「韓国はコロナブルーが深刻」 精神衛生フォローも国の責任で=韓国(画像提供:wowkorea)

安哲秀候補「韓国はコロナブルーが深刻」 精神衛生フォローも国の責任で=韓国(画像提供:wowkorea)

大統領選に出馬している韓国野党「国民の党」のアン・チョルス(安哲秀)候補は14日、自身のフェイスブックにメッセージを投稿し、「コロナ禍が長引くほど精神衛生上の問題が大きな社会的課題になる可能性がある。国家レベルの体系的、長期的な対応戦略が必要だ」とし、「精神衛生国家責任制」を約束した。

アン候補は、保健福祉部(厚生労働省に相当)が発表した「2021年新型コロナウイルス国民精神健康実態調査」を例に挙げ、「新型コロナウイルス発生初期の2020年3月と比べると、コロナブルーが深刻な状況」と指摘した。また、「2020年5月に国連事務総長は新型コロナウイルス問題の最小化に向けて、社会全般において精神衛生の改革が求められ、国家的な財政投資が必須であることを呼びかけている」と付け加えた。

まず、精神衛生関連医療費の90%を健康保険で保障する案を提起した。具体的には本人負担の上限制を実施して感染者の負担を下げ、特に統合失調症などの場合、救急医療費も支援するとした。

アン候補は「公団負担を90%に増やす場合、3452億ウォン(約330億円)の追加費用が発生する」、「直近3年間の精神疾患診療費の増加率は8.7%だったため救急医療費支援などを考慮しても5000億ウォン(約480億円)規模で対応できる」と自信をみせた。

ほかにも強制入院権限の専門家委員会への移管、国民の健康診断項目への精神衛生項目追加などの政策を打ち出した。

さらに「保護義務者だけでなく、知事、市長、郡長、区長による強制入院を規定した現行の精神健康法第43・44条は旧時代的考え方であり、決定は専門家がすべきだ」、「精神衛生項目を健診に追加し、予防と早期治療で社会的費用を減らさなければならない」と強調した。
2022/01/14 17:45配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 112 最終更新:2022/01/14 21:50


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.