オミクロン変異株が広がれば1月末には感染者が「1万4000人」台になる可能性も=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
オミクロン変異株が広がれば1月末には感染者が「1万4000人」台になる可能性も=韓国
オミクロン変異株が広がれば1月末には感染者が「1万4000人」台になる可能性も=韓国(画像提供:wowkorea)

オミクロン変異株が広がれば1月末には感染者が「1万4000人」台になる可能性も=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国ではオミクロン変異株が全国的に広がれば、「社会的距離の確保」下でも、来年1月末には1万4000人台の新型コロナウイルス感染者が出る可能性があるという予測が出た。

31日、チェ・ヘヨン共に民主党議員が疾病管理庁から受けた数理モデリング結果によると、オミクロン変異感染者が感染者の大部分を占める水準まで拡散した場合、現行の「社会的距離の確保」を維持しても来月末には1万2000~1万4000人台の感染者が発生すると予測した。

オミクロン変異株は感染力が従来のデルタ変異株よりもはるかに強いが、重症度は低いことが分かっている。

もしオミクロン変異株の拡散を考慮せず、現行の「社会的距離の確保」を維持した場合、来年1月末の感染者規模は2700~3100人台まで減少すると分析した。

オミクロン変異株の拡散を考慮せず来月3日から距離の確保を緩和すると仮定すると、来年1月末には7600~8500人台の感染者が発生すると予測した。

韓国政府はオミクロン変異の拡散などを考慮し、同日、社会的距離の確保を2週間延長することを決定した。私的な集まりは4人以下、食堂の営業時間は午後9時までに制限する現在の措置が来月16日まで続くことになる。

オミクロン変異株で感染者数は増える可能性が高いが、日常回復は早まるかもしれないという期待も出ている。国立保健研究のクォン・ジュンウク院長はこの日、MBCラジオ「キム・ジョンベの視線集中」インタビューで「オミクロン変異株登場以降、日常回復に向かう挑戦の過程で、いくつか良くなる条件も確かにあるかもしれない」と述べた。

クォン院長は「オミクロン変異株が拡散初期に5歳以下の小児の重症患者発生が多いという報道が出たが、今のところ小児年齢層の重症度は高くない」と予想した。

続いて「来年は当然変わった日常に戻ることができ、戻るべきだと考えている」とし「高齢者や病気を患っている方に近くで会う際は、いつもマスクを着用するのが日常になるのではないか」と述べた。
2021/12/31 17:09配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 79


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.