李在明候補「『産婦人科』は日本植民地時代の残滓」…「『女性健康医学科』に変える」=韓国の次期大統領選挙

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
李在明候補「『産婦人科』は日本植民地時代の残滓」…「『女性健康医学科』に変える」=韓国の次期大統領選挙
韓国の李在明 次期大統領選候補は「医療法を改正し『産婦人科』という名称を『女性健康医学科』に変える」と公約した(画像提供:wowkorea)

韓国の李在明 次期大統領選候補は「医療法を改正し『産婦人科』という名称を『女性健康医学科』に変える」と公約した(画像提供:wowkorea)

韓国の執権与党「共に民主党」イ・ジェミョン(李在明)次期大統領選候補はきょう(22日)「医療法を改正し『産婦人科』という名称を『女性健康医学科』に変える」と公約した。

イ候補はこの日、自身のフェイスブックを通じて「ささいだが確かな幸福」の11番目の公約として、先のような内容を発表した。

イ候補は「未婚女性にとって『サンブインカ(産婦人科)』に行くことは、難しいことこの上ない。妊娠・出産など、“既婚女性のための病院だ”という先入観があるためだ」とし「実際ある世論調査の結果によると、未婚女性の80%以上が『産婦人科は一般病院に比べてためらう』と回答している」と伝えた。

つづけて「『産婦人科』という名称は、女性を “婦人”と称した日本による植民地時代の残滓(ざんし)だ」とし「依然として女性の疾患を “婦人病”と呼ぶ時代錯誤的な認識により、未成年の女性と未婚女性が病気を治せずにいる」と指摘した。

イ候補は「過去にも診療科目に対する認識改善のために、『小児科』を『小児青少年科』にし『精神科』を『精神健康医学科』に変えている」とし「詳細な制度改善とともに、現場の混乱が起きないよう準備していく」と強調した。

また「名称の変更から始まり婚姻と出産・年齢に関係なく、全ての女性が安心して容易に利用できる医療環境を築いていく」と約束した。

一方、韓国語のハングルで書くと「婦人」と「夫人」は区別できない。また、イ候補が目指している「大統領」も日本で作られた和製漢語。それが韓国語の「テトンリョン(大統領)」となった。
韓国の執権与党「共に民主党」イ・ジェミョン(李在明)次期大統領選候補の候補選ポスター。キャッチフレーズは「イ・ジェミョンはやります!」

韓国の執権与党「共に民主党」イ・ジェミョン(李在明)次期大統領選候補の候補選ポスター。キャッチフレーズは「イ・ジェミョンはやります!」

2021/11/22 11:55配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 96 最終更新:2021/11/23 20:31


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.