「n番部屋事件」博士部屋の”ブッタ”、きょう2審宣告…1審では懲役15年を宣告=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「n番部屋事件」博士部屋の”ブッタ”、きょう2審宣告…1審では懲役15年を宣告=韓国
「n番部屋事件」博士部屋の”ブッタ”、きょう2審宣告…1審では懲役15年を宣告=韓国(画像提供:wowkorea)

「n番部屋事件」博士部屋の”ブッタ”、きょう2審宣告…1審では懲役15年を宣告=韓国(画像提供:wowkorea)

「Telegram(テレグラム)」性搾取物共有のチャット部屋、「博士部屋」をチョ・ジュビン被告(26)と一緒に運営していた”ブッタ”ことカン・フン被告(20)に対する2審宣告が、きょう26日に出る予定だ。

ソウル高裁はきょう午後2時に児童・青少年性保護法上いんらん物制作・配布と、犯罪団体組織などの容疑で起訴されたカン・フン被告に対する控訴審判決を宣告する。

チョ・ジュビン被告に続く「博士部屋」組織のTOP2として活動したカン・フン被告は、2019年9~11月、チョ・ジュビン被告と共謀し児童・青少年7人を含む被害者18人を脅迫して性搾取映像物を制作し、これを営利目的で販売した容疑を受けている。

カン・フン被告は「博士部屋」組織内で、チョ・ジュビン被告の指示に従い「博士部屋」を管理・広報し、性搾取の収益を引き出すなどの核心部分を担っていた。彼はチョ・ジュビン被告などと一緒に「博士部屋」の犯罪団体を構成して活動した容疑も受けている。

これに先立ち1審ではカン・フン被告に対し、児童・青少年性保護法上いんらん物制作・配布と犯罪団体組織など主要容疑の大部分を有罪とし、懲役15年を宣告された。検察とカン・フン被告はこれを不服とし控訴した。

検察は控訴審結審公判で、「博士部屋のTOP2として、空前絶後の性暴力集団を作り犯行を行った。間違いを反省せず、責任を回避している」とし、懲役30年を宣告して欲しいと裁判部に要請した。

カン・フン被告は最終陳述を通じ、「被害者たちとその家族の皆さんに心から謝罪する。これから自分の罪をどう洗い流すか悩み、また悩んでいる」と話した。

一方、カン・フン被告は今回の裁判とは別に、チョ・ジュビン被告と共に女性3人を脅迫し、裸体写真を撮らせこれを受け取った容疑で追加起訴されており、来月28日に初公判を控えている。

2021/08/26 06:46配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 71


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.