「中学生の手足縛り処刑するように殺害」…容疑者は「母親の元恋人」=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「中学生の手足縛り処刑するように殺害」…容疑者は「母親の元恋人」=韓国
「中学生の手足縛り処刑するように殺害」…容疑者は「母親の元恋人」=韓国(画像提供:wowkorea)

「中学生の手足縛り処刑するように殺害」…容疑者は「母親の元恋人」=韓国(画像提供:wowkorea)

母親の元恋人に殺害されたチェジュ(済州)市の中学生の事件窒息死と推定されるとの解剖結果が出た。被害者は手足が縛られた状態で、まるで処刑されるかのように殺害されたことがわかった。

済州東部警察署は、今月18日に済州市の住宅で死亡した状態で発見されたA君(16)に対する解剖を依頼した結果、「頸部(けいぶ)圧迫による窒息死」と推定されるとの解剖結果が伝えられたと明らかにした。

警察は現在、主犯のB氏(48)と共犯のC氏(46)を殺害の容疑で立件し捜査している。

警察によると、2人は18日午後3時16分ごろ、済州市の住宅でA君を殺害した疑いを持たれている。A君は1人で家にいた。

A君は同日午後10時50分ごろに家の屋根裏部屋で手足が縛られた状態で死亡しているのを発見された。当時、仕事を終えて帰宅したA君の母親がA君を発見し、警察に通報した。

警察はA君の身体から他殺とみられる痕跡を確認し、CCTV(防犯カメラ)の映像を通じ、午後3時ごろに成人男性2人が塀から2階に侵入した事実を把握した。2人はA君を殺害した後、手袋などの犯行道具を付近に捨て、逃走したものと伝えられた。

警察は、映像から容疑者の1人が過去に被害者家族と同居していたB氏と特定し追跡に乗り出し、犯行後に逃走したB氏は通報から約20時間後の19日午後7時26分に済州市の宿泊施設で身柄を確保された。共犯とされるB氏の知人C氏は同日午前0時40分ごろ、居住地で検挙された。

警察は、A君の母親と1~2年間一緒に生活し事実婚関係にあったB氏が、別れを告げられたことへの復讐から知人とともに犯行を計画したものとみている。

これに先立ち、A君の母親はB氏を恐れて今月初めに警察に身辺保護を要請していた。B氏は何度も訪れてきてはA君親子を暴行していたものと把握された。

A君の母親の要請を受け、警察は住宅にCCTV2台を設置し巡察を強化するなどの措置をとったが、犯行を防ぐことはできなかった。

現在、B氏は容疑をすべて認めているが、C氏は「手伝っただけで殺害はしていない」と主張し、容疑を一部否認していると伝えられた。

警察は、現在までに確保した2人の陳述と現場の証拠などをもとに、計画犯罪に重きをおいて21日中に済州地方裁判所に拘束令状を申請する予定だ。また、未成年者を残忍に殺害した点を考慮し、身元情報の公開も検討していると伝えられた。
2021/07/21 11:32配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 85


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.