韓国政府、日本に“GSOMIA”のカードまで?…米韓関係による負担で「容易ではない」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国政府、日本に“GSOMIA”のカードまで?…米韓関係による負担で「容易ではない」
韓国政府、日本に“GSOMIA”のカードまで?…米韓関係による負担で「容易ではない」

韓国外務省の報道官による定例会見の様子を韓国市民がテレビで視聴している(提供:news1)

韓国政府は、対韓輸出規制措置を撤回しない日本に対し、世界貿易機構(WTO)提訴手続きを再開することを決定したのにつづき、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了の可能性も示唆した。ただGSOMIA終了は米韓の葛藤にまで発展するかもしれないため、現在としてその可能性は高くないというのが多数の意見である。

韓国外交部(外務省に相当)の報道官は2日の定例会見で、GSOMIA終了の猶予について「昨年11月22日、GSOMIAの効力をいつでも終了させることのできるという前提のもとに、我々が協定終了通報の効力を停止した状況だ」とし「輸出規制の議論によって慎重に検討する」と語った。

韓国政府はWTO提訴手続き再開につづき、GSOMIAのカードを再び出すかもしれないという見方もある。韓国政府は「GSOMIA終了猶予とWTO提訴中止は暫定的措置だ」とし「韓国は状況によっていつでも再び終了させ得る権利がある」と言及しつづけてきた。

しかし専門家たちは、すぐさま韓国政府がGSOMIAを終了する可能性は低いと判断している。米中の葛藤が“新冷戦”と呼ばれるくらい激化していて、米韓間にも防衛費など主要な懸案がある状況で、米韓関係に負担を加え得るGSOMIAのカードを再び出すのは容易ではないという説明である。
2020/06/03 16:03配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.