韓国芸術団公演で柔軟対応 アイドルの写真載せ携帯電話も提供=北朝鮮

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国芸術団公演で柔軟対応 アイドルの写真載せ携帯電話も提供=北朝鮮
韓国芸術団公演で柔軟対応 アイドルの写真載せ携帯電話も提供=北朝鮮
1日の公演後にRed Velvetなど出演者とあいさつする金正恩氏(右端)=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の平壌を訪れ1日と3日に計2回の公演を行った韓国芸術団が4日に帰国した。平壌で13年ぶりに開催された韓国のアーティストによる公演で、北朝鮮は過去よりはるかに柔軟な姿勢を見せ、注目を集めた。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は1日夜、北朝鮮の最高指導者として初めて韓国芸術団の公演を鑑賞した。北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は翌2日に1面でこれを伝え、金委員長がガールズグループのRed Velvet(レッドベルベット)など出演者たちとあいさつを交わす様子などを収めた関連写真も複数枚掲載した。

 北朝鮮住民が視聴する朝鮮中央テレビも2日、5分ほどの映像で芸術団の公演の様子や金委員長夫妻が鑑賞する姿を報じた。北朝鮮メディアは曲目など公演内容については詳しく伝えなかったが、K―POPアイドルを含む韓国アーティストのさまざまな姿が住民の目に触れたことになる。

 北朝鮮メディアは、公演を鑑賞した金委員長が「わが人民たちが南側の大衆芸術に対する理解を深め、心から喜ぶ姿を見て胸がいっぱいになり、感動せずにはいられなかった」と述べたと伝えた。
韓国芸術団公演で柔軟対応 アイドルの写真載せ携帯電話も提供=北朝鮮
3日の公演では北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長(左から3人目)、韓国の都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官(同4人目)、北朝鮮・三池淵管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長(同5人

韓国や西側の大衆文化を敵視してきた北朝鮮の従来の立場とは大きく異なる発言で、注目された。ただこれは政策的な変化というよりは、今月27日の南北首脳会談を前に南北の融和を促進しようとした発言とも受け止められる。

 北朝鮮は芸術団の滞在中、過去よりも積極的にもめごとを収拾しようとし、韓国側関係者に便宜を図ろうとする姿勢をみせた。

 金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長兼統一戦線部長は、1日の公演で韓国側報道陣の会場への入場が制限されたことについて、翌日に報道陣の宿泊先ホテルに出向いて謝罪した。北朝鮮高官がこうしたトラブルで韓国側に謝罪するのは極めて異例で、これもやはり南北首脳会談への悪影響を懸念したためとの見方が出ている。

 また、北朝鮮は過去と異なり韓国の記者に平壌や市民の様子を撮影することを許可したほか、記者らのインターネット接続などもサポートしたという。特に、公演サポートのため訪朝した韓国政府関係者の要請に応じ、平壌で使用可能な北朝鮮の携帯電話まで提供したとされ、厚遇ぶりが目を引いた。

2018年4月4日14時1分配信 (C)YONHAP NEWS


この記事が気に入ったら

おすすめ情報
待望のカムバック後2年半ぶりの来日イベント開催! 「2018 HOTSHOT 2nd FANMEETING [HOTSHOT Theater] IN JAPAN」 12/22(土)Zepp Tokyo、12/24(祝・月)堂島リバーフォーラム

韓国ミュージカル「狂炎ソナタ」インタビュー映像公開! リョウク(SJ)、イ・ジフンらが作品の魅力を指南

BTS、TWICEなど豪華アーティストの出演決定! 『2018 Mnet Asian Music Awards』日本公演 最速でチケット先行販売! /11/5(月)よりスタート!!

『ツンデレ王子のシンデレラ』フー・イーティエンの直筆サイン入り写真プレゼントキャンペーン開始

ドラマ「七日の王妃」主演俳優ヨン・ウジン、ファンミーティング追加公演決定!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.