“外傷無し”金正男氏の遺体…マレーシア情報当局も関心大

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
“外傷無し”金正男氏の遺体…マレーシア情報当局も関心大
“外傷無し”金正男氏の遺体…マレーシア情報当局も関心大
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の遺体には注射の跡はもちろん、化学物質による外傷も発見されなかったと、マレーシア現地メディアが17日に報じた。(提供:news1)
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体には注射の跡はもちろん、化学物質による外傷も発見されなかったと、マレーシア現地メディアが17日に報じた。

 事件に精通した消息筋の話によると、正男氏の遺体を司法解剖した結果、顔には有毒な化学物質による外傷の跡がなく、体全体にかけて毒針に刺されたような跡も見つからなかったという。

 一部メディアは、正男氏の遺体に“毒針による殺害”が確認できる注射針の跡がなかったと報じていた。そこに毒性のある化学物質による外傷すらなければ、死因究明はさらに難しくなる可能性がある。

 また当局が正男氏の尿・血液・組織を研究所で化学分析中であるとし「我々は研究所の結果を待つしかない」と述べた。

マレーシア科学大学のP.スンドゥラムルティ副教授によると、毒殺事件は死因究明が容易ではなく、特に証拠がはっきりしない場合が多いため、結論が出るまでに長い時間がかかるという。

 マレーシア情報機関も正男氏を殺害した手法に大きな関心を見せている。

 消息筋は、正男氏を殺害した経路がまだ不明な点に関して、現地の情報当局が神経をとがらせていると明らかにした。また成人男性を5秒で殺害できるこの毒劇物の正体を明らかにすることに力を注いでいるようだ。

 もし正男氏に使われた毒劇物が何なのかが分かれば、北朝鮮の偵察総局が保有している神経・毒ガスに関する知識がどの程度なのかを判断するきっかけになるという。
2017年2月17日20時50分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.