明日から使える韓国語
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
【韓国語】明日から使える韓国語
第642号 (2017/3/30)
今週の一言「エスカレーター式」

       

先日、電車のなかでも明らかに韓国人と思われる女性と、日本人が二人、
日本語で会話をしていました。韓国人女性の日本語はとてもお上手でしたが、
流暢かというと、流暢ではない、ただおっしゃることは分かる、という感じ。

電車には、学ラン(いまも言う?!)を着た丸刈りの男の子が、有名私立大学の
名前の入った、運動部らしき大きなバックを下げていました。

それを見た韓国人女性が連れの日本人に質問をしています。それはこのような内容でした。
「日本は大学付属の中学校、高校に入れば、そのままその大学に入れるのか」と。

私は韓国人女性の質問が分かりましたが、連れの方は理解しておらず、
「高校だから」を連呼していました。韓国語で説明してあげたくてウズウズしましたが、
さすがにできませんでした()

それはそうと、「エスカレーター式」という言葉は韓国語にあるのか。
調べたところ、本来の輸送手段であるエスカレーター(에스컬레이터/エスコrレイト)の意味に加え、

입학시험 없이 진학할 있는 부속 ··고등학교를 갖춘
사립대학의 조직에도 비유됨
(
イッパッシホム オプシ チナッカルス インヌン プソッ チョ ジュン コドゥンハッキヨルr カッチュン
サリpテハゲ ジョジゲド ピユデム

/入学試験なしで進学できる付属の小中高等学校を備えた私立大学の組織にも例えられる)

と解説されています。長い(笑)!韓国語ではひとことにならないのか……
韓国人の先生に尋ねたところ、韓国にも大学付属の高校はあることはあるが、

系列大学への進学をほぼ約束される日本の「エスカレーター式」に相当する学校はほぼなく、
付属高校の生徒も一般的な入試を一律に受けないといけないそうです。

日本には幼稚園や小学校、中学校から大学院までずっと、同門で学ぶ人もいるわけですが、
こういったスタイルはどうも韓国人にはピンとこないようですね。

日韓の教育事情をまたひとつ知ることができました。

*Windows XP以外のパソコン環境は韓国語フォントをインストールする必要があります。
インストール方法はこちらのYahoo!のサイトをご参照ください。



第673号:「山梨の富士急ハイランドで乗り物に乗ります」(2017/11/16)
第672号:「SNS用語は‘短く!’」(2017/11/9)
第671号:「ここが困るよ。日本語の‘〜かもしれません’」(2017/11/2)
第670号:「女神様とおもてなし」(2017/10/26)
第669号:「あと5分です」(2017/10/19)
第668号:「ト マンナヨ!」(2017/10/12)
第667号:「冷麺の注文、ふたたび」(2017/10/5)
第666号:「冷麺の裏メニュー用語より。去冷に去氷。」(2017/9/28)
第665号:「ケナダ? ケノド?」(2017/9/21)
第664号:「皆さんの『麻薬』は?」(2017/9/16)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ (1/68)

<著者−幡野 泉>
−1995年早稲田大学第一文学部卒業
−1998年延世大学校韓国語学堂に入学
−留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
−約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
−2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
−2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
−2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
−2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
−東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
−著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)、 『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/
TEL 03-5157-2424

※ 韓国語を配信・提供したい個人様または法人様はまでお願いします。

WoW!Koreaモバイル
QRコードでアクセス ケータイで左のQRコードを読み取るか、
URLをケータイに送信してアクセスしてください。

Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.